「MiEV power BOX」ご存じですか?

三菱「MiEV power BOX」

三菱の電気自動車、PHEVに貯めた電気を屋外で使うためのものです。

「MiEV power BOX」のサイト

通常は充電器から車に充電しますが、その逆です。

充電口から電気を取り出すことができます。

三菱・MiEV power BOX

これを使うことで、例えば、移動式の店舗として電気自動車を活用できます。

通常、路面店など電気を使おうと思うと発電機のエンジン音で騒音がしますが、

これなら、ほぼ無音で電気を使えます。

これなら住宅街での移動店舗や、イベント、アウトドアでも静かに電気を使えるので安心ですね。

三菱MiEV power BOX使用例

停電や災害の非常時も、これを使って家庭へ多少の電気を送ることも可能です。

より多くの電気を家庭に送りたい場合はV2Hというシステムもあります。

これは画期的な商品ですので、電気自動車をご所有の方は必見です。

三菱SMART V2H

 

さらに、今なら「V2H」も「MiEV power BOX」も補助金が活用できるので実質半額で購入することができます。

充電設備の補助金センターはこちら

三菱のディーラーオプションですので、オプションに補助金が出るというのは嬉しい限りですね。

使用できる車種は「i-MiEV」、「ミニキャブMiEVバン」、「ミニキャブMiEVトラック」などのようです。

アウトランダーPHEVはもともと最大1500Wの外部コンセントがあるようですので必要なさそうですね。

 

地方では電気自動車が売れている

アウトランダーPHEVが新型になって注目されていますが、「ミニキャブMiEVバン」、「ミニキャブMiEVトラック」は少し田舎の方で売れているそう。

三菱 ミニキャブMiEVバン 三菱 ミニキャブMiEVトラック

なぜかというと、山間部や田舎にガソリンスタンドが減っているからです。

ハイブリッドカーや燃費の良い軽などのエコカーが増えてきて、ガソリンスタンドも苦しいようです。

ガソリンを入れるために、わざわざ数10Km先に走る必要があるぐらいスタンドが減っていて、しかも24時間営業では無いので入れれる時間も限られる。

それが、電気自動車なら自宅で充電できるので全て解決する訳です。

そうなっていくとさらにガソリンスタンドも減りそうですが・・・

今ではコンビニの方が多そうなので、電気スタンドが併設されたりするんでしょうか?新しいビジネスが生まれそうですね。

電気自動車もPHEVも充電設備も補助金がある今がお得

時代はどんどんと変わり今ではハイブリッドカーが珍しくなくなり、次はPHEV(プラグインハイブリッドカー=充電できるハイブリッドカー)や電気自動車が当たり前になる時代も、すぐそこまできてるのでしょう。

今なら、車にも、充電コンセントにも、オプションにも補助金が出るので未来と環境を考えて電気自動車、PHEVをご検討してみるのはいかがでしょう?

充電用コンセントや、深夜電力の活用の仕方など、家庭の電気のことでお困りの際は是非お気軽にご相談下さい。

お問合せフォームはこちらをクリック

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

友だち追加数

対応地域:京都府(城陽市・宇治市・久御山町・京田辺市・精華町・八幡市・京都市など京都府南部)滋賀県

主な事業内容:太陽光発電事業・電力自由化新電力事業(産業用太陽光・コンパクトソーラー発電所・農地転用型太陽光発電所)

住宅用太陽光発電・HEMS・蓄電池・EV/PHEVコンセント・オール電化・省エネリフォーム・電気工事・水道工事・リフォーム工事 マイクロバブルトルネード~我が家のお風呂がエステルームに~

住まいの困り事までどんな小さな事でもお気軽にお問い合わせ下さい。

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□