三菱アウトランダーPHEVの新型が発表されました。

新型アウトランダーPHEV

正式にはマイナーチェンジみたいですが、デザインが一新されているのでフルモデルチェンジかのようです。

色々なサイトで話題になっていますね。

車の詳しい改良内容は、専門の自動車サイトやメーカサイトをごらん下さい。

ヘッドライトにLEDデイライトなどが装備され、より先進的なデザインになったので、これは大ヒットの予感もします。アイミーブなどで電気自動車の先頭を走ってきた三菱も、ここで一気に、このジャンルで抜きん出たいとこだと思います。

新型アウトランダーPHEV

ほんとうは今までも、もっと売れていてもいいぐらいの実力を秘めた車ですので、おさらいを。

PHEVはハイブッリドカーと電気自動車のいいとこどり

いいとこどり、というと言い方が悪いですが本当にいいとこどり(笑)

●電気自動車

まずは電気自動車についてですが、大容量のバッテリーに充電して走るので排気ガスも出ずエコです。また、深夜電力を活用して充電コンセントから充電すればガソリンよりも安く走行できます。家計にも優しいです。

ただ、電気自動車は完全な電気自動車なので充電がなくなると走れなくなります。電欠です。

ここは一番困るところで、まだまだ充電設備が充実していないので外出先や遠出の時に給電するのに困ります。事前に充電箇所を調べておく必要があります。

●ハイブリッドカー

続いてハイブリッドカーはガソリンを主にバッテリーの電気で走行をアシストして走るので低燃費です。

基本的にガソリンで走るので、給油所に困ることはありません。

短い距離で、低速であればバッテリーだけで走るEVモードも可能です。バッテリーへの充電はブレーキの力などを利用するので、外部からの充電はできません。

PHEVは1+1=3みたいな車

そして、PHEVは両方の長所を組み合わせて、1+1=3みたいな車になっています。

ざっくりいうと、ハイブリッドカーを充電コンセントから充電できるようにしたものがPHEVです。

その中でアウトランダーの凄いのは、12KWhの大容量のバッテリーを積むことでさまざまなことを可能にしています。

満充電で約60KmのEV走行が可能。

ほぼ日常使いでは電気自動車と同じ扱いといってもいいかもしれません。さらに、走りながら充電したりガソリンを使って充電することも可能です。

アウトランダー走行イメージ

 PHEVは電気を持ち運べる

アウトドアでも活躍する1500WのACコンセント

これがあれば本当に便利だと思います。アウトドアでの使用はもちろん、非常時も安心です。

100V、1500Wですのでドライヤーも使えます。

この写真、素敵ですね。

アウトランダーPHEV アウトドア

 アウトランダーPHEVを所有していると、アウトドアに限らず普段のちょっとしたお出かけや、ピクニックにも電気を持ち運ぶことができるんで、今までのライフスタイルの常識を大きく変えることができます。

アウトランダーを蓄電池代わりにできるV2Hシステム

これは、家にV2Hという設備を供えることで、家からアウトランダーに充電するのはもちろん、車から家に電気を送ることも可能になります。

ここで、PHEVということが本領を発揮します。

SMART V2H イメージ

V2Hのイメージ

 

万が一の災害時・停電時などにアウトランダーから電気を家に送ります。充電されてた電気がなくなるとガソリンでエンジンを回して追加で充電できるんです。ここが電気自動車との大きな違いです。

例えば、電気の復旧に時間がかかる場合もガソリンを給油できればさらに充電し、電気を送ることができます。

充電した分とガソリンを併用すれば、なんとなんと必要な家庭の電力を約10日分もまかなうことができます。

アウトランダーPHEV V2H

 

もちろん、太陽光を設置していれば太陽光からV2Hを介して、充電することも可能です。

このV2Hは、正式には「SMRAT V2H」という三菱の商品です。

こういった車と家をつなぐものを総称してVtoH(ビークル・トゥー・ホームの略)と呼ばれています。

他にも日産のリーフ用に「LEAF TO HOME EVパワーステーション」といった製品もあります。

現在はこの二つが「VtoH」として代表的なものになりますが、今後の電気自動車やPHEVの普及に合わせて「VtoH」も、どの家庭にも設置されてるのが当たり前になる時代がくるでしょう。

国から充電コンセントの設置に補助金があります。※平成26年度補正予算の補助金は終了しました。

アウトランダーPHEVに必要不可欠な充電コンセント。

今なら、国から充電コンセントに機器台の1/2が補助金として出ます。

さらに工事費に対しても上限5万円まで補助金が出ます。

※補助金は終了いたしました。

EV充電コンセントも種類は様々

充電コンセントも種類がいくつかあります。

設置させていただいたコンセントの施工動画もありますので、EVコンセントの使い勝手や、お好みのEVコンセント選びにご参考下さい。

再生リストになっていますので、早送りで次のコンセントの設置動画を見ることができます。

コンセントタイプ

充電コンセント

通常のコンセントタイプ 当社施工例

基本的にはコンセントのみの商品です。オプションで手元スイッチを設置したりできます。

200V充電できますので通常の充電機能としては十分です。シンプルにコンセントと手元スイッチだけですので、工事代込みで5万円台~と最もリーズナブルな価格で取付けをすることができます。

EV/PHV充電コンセントの工事費用はこちら

代表機種は「パナソニック WK4322S」です。

WK4322の施工事例・施工イメージは下記の動画をご参考下さい。

ですが、コントロールBOXや充電ケーブルを収納する機能はございませんので、充電ケーブルがコンセントにぶら下がるような形になります。

もし、ケーブルを巻いておくフックや、充電コネクタを引っかけておきたい場合は、別売りのタキゲンというメーカーさんのパーツなどがオススメです。

タキゲン コネクタホルダー

ボックスタイプ・スタンドタイプ

ちなみにボックスタイプと呼んでいるのは、こういった商品です。

通常なら商品と工事代を足すと10万円ほどするボックスタイプを補助金を活用すれば、今ならお安く導入できます。

ボックスタイプなら、充電ケーブル、コントロールBOXも収納できますのでコンセント周りもスッキリと収まり、防犯も安心です。

カワムラECPW EVコンセント 配線工事

上記のコンセントタイプを設置する場合でも工事費込みで6万円~ぐらいは必要となります。

それが、今なら補助金を活用することで、実質ですが、2~5万で立派なボックスタイプが設置できますので、このチャンスをお見逃しなく。

上位機種としてケーブル内蔵タイプ

DNC321K パナソニック DNC321K パナソニック

代表的な機種は「パナソニック DNC321K」で、ケーブルがボックス内に内蔵されていますので、充電ケーブルは車に積んだままにしておけますし、充電が容易にできます。

充電機能があれば補助金対象!「V2H」、「エネハンド」も

この充電設備に対する補助金は、充電機能が備わっているということが条件になります。

ですので、途中にご紹介のV2Hにも同様に1/2の補助金が出ます。通常の充電コンセントに比べて高額ですが、高額なゆえに今ならお得に導入できます。

SMART v2H

この「VtoH」に対する補助金というのは、今後はおそらくなくなります。

電気自動車やPHEVを所有していなくても、補助金を活用することができますので、「VtoH」を導入されたい方、今後、電気自動車、PHEVの購入を検討されてる方にも補助金を活用するチャンスがあります。

 充電コンセントと蓄電池が組み合わさったエネハンドという商品もあります。

それが、フォーアールエナジー社の「エネハンド」です。

「期間限定エネハンド特別キャンペーン価格 実施中!⇒こちらをクリック」

フォーアールエナジーは日産と住友商事の合同出資会社で、日産リーフ用のリチウム電池を家庭用に利用した蓄電池を販売している会社です。車に使われている信頼性・耐久性のある蓄電池を使用していることがウリです。

今後はリーフに使用していた蓄電池を回収し、家庭用蓄電池としてリユースする方法が検討されています。

ちなみにフォーアールエナジーの「フォーアール」は「4つのR」

「再利用(Reuse)再販売(Resell)、再製品化(Refabricate)、リサイクル(Recycle)」

を行いエネルギーの効率化、好循環を指します。

そのフォーアールエナジーの蓄電池に充電コンセントが付随した商品は「エネハンド充電器」です。

エネハンド充電器

 

充電コンセントなんですが、蓄電池なんです。

エネハンド

「VtoH」と違うのは車の電気を家に送ることはできません。

ですが、このエネハンド自体に電気を蓄電しておくことができますので、災害時も安心です。

さらに、他のメーカーを圧倒する12KWhの大容量で普通の家庭なら丸一日分の電力をカバーすることができます。

補助金の申請に電気自動車・PHEVを所有しているかは関係ありませんので、蓄電池を利用したい方がこの補助金を使って申し込むことも可能です。

蓄電池の補助金も現在はやっておりませんので、蓄電池をお得に導入する方法はこれしかありません。

近々、京セラ製の同様の商品が発売予定のようですので、こちらも注目です。

ちなみに当社一番人気はカワムラECPW

補助金を活用することで、お求め安く、ケーブルもすっきり収まる「カワムラ ECPW」が一番人気の商品になっています。

カワムラ EVコンポ ECPW

カワムラ ECPW 施工事例

補助金の申請代行はお任せ下さい!(※平成26年度補正予算の補助金は終了しました。)

補助金の代行サービスも行っておりますので是非、お気軽にご相談下さい。

もちろんご自身で補助金を申し込むこともできますが、書類の作成や、工事業者に印鑑や工事証明書を作成してもらったりと手間がたくさんかかります。

当社なら、充電コンセントのご相談から、施工、補助金申請代行、アフターフォローまで一括してできますので是非ご利用下さい。

一般のご家庭の場合、主に「第4の事業」というのに該当しますので詳しくはこちらをご覧ください⇒H26年度補正予算「次世代自動車充電インフラ整備促進事業」

補助金の流れですが、

①充電コンセントの現場調査・見積り

②ご成約

③補助金の交付申請

↓ (交付決定まで約1ヶ月)

④交付決定後、工事着工

⑤工事完了 お支払

↓ 

⑥補助金の実績報告

↓ (実績報告の確認に約1~2ヶ月)

⑦補助金交付(補助金がお客様の口座に振り込まれます)

といった形になります。

補助金の流れ

工事は補助金の交付決定が決まってからになりますので、まずは補助金の申請を行うことが必要になります。

もし、お急ぎの場合や、ご納車日が決まっている場合は、補助金を申請するには工事業者を決めてから1ヶ月はかかりますのでご注意下さい。

実際の工事自体は、3~5時間ほどの約半日ほどで終わる場合がほとんどですので、こちらもご参考下さい。

当社オススメEVコンセントお買い得プランは下記画像をクリック!

↓ ↓ ↓

 

EV・PHV充電器の施工事例はこちらから

ELSEEV Cabi

カワムラ ECPW

 

三菱アウトランダーPHEV、発売は7月9日だそうです。楽しみ。

お問合せフォームはこちらをクリック

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

電話:0120-009-820

まずはお気軽にご相談下さい!(^^)!

Eテックス 城陽市 宇治市 京田辺 久御山

※不在時には後ほどこちらから折り返しのご連絡をさせていただきます。

9時~20時頃まで電話対応可能です。平日・土日もご連絡受け付けています。

 「詳しい話を聞きたい。」、「見積りをお願いしたい。」などお気軽にご相談下さい。

  メール:etex@maia.eonet.ne.jp

  FAX:0774-29-5020

  フェイスブックhttps://www.facebook.com/etex2002

友だち追加数

「友だち追加」ボタンより簡単にLINEで相談できます。

  https://www.youtube.com/channel/UCHGYhu0qyCGQUNnx3FC0YdA

主要対応地域:城陽市・宇治市・久御山町・京田辺市

その他対応エリア:京都府南部(京都市北区・上京区・左京区・中京区・東山区・下京区・南区・右京区・伏見区・山科区・西京区・亀岡市・向日市・長岡京市・八幡市・木津川市・大山崎町・井手町・宇治田原町・精華町)

滋賀県:大津市・草津市・栗東市・守山市・竜王町 

大阪府:枚方市・寝屋川市・四条畷市 

奈良県:奈良市

※ 地域によっては別途交通費をいただく場合があります。ご了承ください。

主な事業内容:

住宅用太陽光発電・太陽光発電のメンテナンス点検・HEMS・蓄電池・EV/PHEVコンセント・オール電化・エコキュート・IHクッキングヒーター・省エネリフォーム(システムバス、システムキッチン、洗面台、トイレ、床暖房)省エネ設備機器(内窓、2重窓の交換、レンジフード、食洗機、LED照明、ヒートポンプ床暖房、浴室乾燥機、節水トイレ、節水節湯カラン、エアコン)・電気工事・水道工事(水漏れ修理・水道トラブル)マイクロバブルトルネード~我が家のお風呂がエステルームに~

産業用太陽光発電事業(産業用太陽光・太陽光発電メンテンス・点検・コンパクトソーラー発電所・農地転用型太陽光発電所)

住まいの困り事までどんな小さな事でもお気軽にお問い合わせ下さい。

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

Eテックス エキスパート工事店 最優秀賞