ごらんいただき誠にありがとうございます。

EV・PHV用の充電設備に関する補助金である「H26年度補正予算「次世代自動車充電インフラ整備促進事業」」への申込みが平成27年12月28日で締め切りになります。

充電インフラ補助金

補助金の詳しい案内はこちらをご覧ください「次世代自動車振興センター」

補助金の締め切り間際は注意が必要

こういった補助金は、締め切り間際に非常に混み合います。

これまで、エコキュートや太陽光、蓄電池などの補助金を申請してきましたが

常に締め切り間際というのは申込みが殺到しました。

こういう場合の、失敗例として、

  1. 補助金の申請の締め切りの都合で選びたい商品が選べなかった。
  2. 同様に、急いで商品選びをして後悔した
  3. 書類に不備があって申請に間に合わなかった

などなど・・・

ギリギリになると選択肢が限られたりと失敗や検討時間が短くなるので計画的に早めの行動が望ましいです。

エネハンドが大人気で約2ヶ月の納期待ち

特に今、心配されるのが「1」の場合で、エネハンド(フォーアールエナジー社 充電器付き蓄電池)は申込みが増えて生産に時間がかかっていて約2ヶ月前後の納期になるそうです。

補助金には交付申請と、工事後に実績報告という完了後の手続きが必要になりますが、

この期限は平成28年2月12日までです。

補助金の交付申請が間に合ったとしても、

「エネハンドの納期が間に合わないので実績報告ができない!」

といった可能性が高いです。

検討している方は、早め早めの行動が必要になってきますのでご注意下さい。

交付決定にも時間がかかっています。

また、交付申請がおりるのにも時間がかかっています。

現在約一ヶ月半~二ヶ月待ち。

これで、困る場合として完全なEV車を購入される場合は、工事が申請から2ヶ月後ぐらいになってしまいます。

その間は家庭では充電できないので、こちらも注意が必要です。

早めのご検討がオススメです。

EV・PHV車をご購入を検討されている方、既に充電設備はあるが新しいものを導入されたい方、

補助金については下記よりご覧になれますので、ご参考下さい。

補助金の詳しい案内はこちらをご覧ください「次世代自動車振興センター」

当社のEVコンセントオススメプランエネハンド特別価格キャンペーンも是非ご参考下さい(^^)/

EVコンセントオススメプラン2 エネハンド設置事例

EV・PHVの充電設備、補助金の申請についてのご相談は下記フォームよりお気軽にご相談下さい。

お問合せフォームはこちらをクリック

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

友だち追加数

対応地域:京都府(城陽市・宇治市・久御山町・京田辺市・精華町・八幡市・京都市など京都府南部)滋賀県

主な事業内容:太陽光発電事業・電力自由化新電力事業(産業用太陽光・コンパクトソーラー発電所・農地転用型太陽光発電所)

住宅用太陽光発電・HEMS・蓄電池・EV/PHEVコンセント・オール電化・省エネリフォーム・電気工事・水道工事・リフォーム工事 マイクロバブルトルネード~我が家のお風呂がエステルームに~

住まいの困り事までどんな小さな事でもお気軽にお問い合わせ下さい。

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□