エコキュートでスマート給湯ライフ生活はじめました(Eテックス スタッフブログ)

昨年の11月に電気温水器からエコキュートに取替しました。
その一番の理由はお湯をつくる時に使う電気のエネルギーが1/3の省エネだったことです。
もちろん電気温水器も割安な夜間電力を使うため経済的でしたが電気代にすると年間約7万円の省エネ効果があったことです。

高効率給湯機エコキュートは再生可能な空気の熱を利用してお湯を沸かしているんです。「1」の電気を使って、空気熱を圧縮することで「3」の熱エネルギーを生み出しているんです。ですから得られる熱エネルギーは使う電気の3倍以上になっています。

エコキュートの効率の良さ

それに対し電気温水器は「1」の電気で「1」の熱ですね。

エコキュートの熱を生み出す力がイラストからもわかります。「1」の電気で「3」の熱を作りだすって凄いですね。

続いては下のグラフをご覧下さい。

家庭内のエネルギー消費の約3割は給湯なんです。

給湯のエネルギー比率

家庭のエネルギーの3割が給湯であるとともに、エネルギーの使用量自体も増えています。

家庭のエネルギーの3割を占める給湯にかかるエネルギーを減らすことで、大きく省エネに貢献できることがわかります。

この給湯部分を省エネにできるのがエコキュートなんです。

 

省エネになるということは・・・

電気を使う量が減る=経済的

下の図は1年間の光熱費(給湯)比較で戸建4LDKにお住まいで4人家族の場合(関西電力試算)です。

エコキュートで7割電気を削減

エコキュートにしたことで電気温水器の時よりも光熱費が約7割削減できます。

我が家も電気温水器からエコキュートに買い替えて1年経過しました。

エコキュートの商品代・工事費は削減できた電気代より支払っていますので実質0円。

いいえ、まだ余ったお金で月1回家族で楽しいランチに出かけてます。

それぐらい電気温水器でお湯を作るのと、エコキュートでお湯を作るのでは電気代が違うのです。

何気なく使っている給湯器は、選び方次第で大きく節約することができます。

壊れたら交換という考え方もありますが、省エネ性能、ランニングコストを見た場合、電気温水器からエコキュートへ取替えるのは、地球環境にも優しく、お財布にも優しいと言えます。

ぜひ皆さんもエコキュートでスマートライフはじめませんか!

明細から見る実際のエコキュートの省エネ性

《追記》
関西電力より11月分(実際は10月使用分)の電気使用量のお知らせが届きました。

エコキュートの導入効果はすごいですね!

前年同月分の使用量が945kwh、

当月分の使用量が449kwh、

その差なんと496kwhで同月比−52.4%となりました。

ちなみにナイトタイムでみると

前年同月分の使用量が712kwh、

同月分の使用量が283kwh、

その差なんと429kwhで同月比−60.2%に。

これが電気温水器とエコキュートの違いです。
本当に恐ろしいくらい電気温水器はエネルギーを使いますね!
という訳で関西電力からの電気代請求金額は9256円となりました。

太陽光と合わせたわが家の省エネ報告

おっと!もう一つ大事なお知らせが届いてました。太陽光発電の買取金額です。我が家は3.2kwの太陽光発電システムを設置していますが、今月の関西電力からの買取金額は10,992円となっていますので10,992円(買取り)−9,256円(請求)=1,736円

今月は9,256円の請求が来ましたが太陽光発電のおかげで1,763円増収になりました。

さらに自家消費している分もありますので実際の太陽光によるメリットはもう少し大きいです。

エコキュートによる省エネと太陽光発電のベストミックスにより本当に快適な生活を始めています。

電気の明細や太陽光発電のモニターでCO2排出量を確認することができます。

地球環境に悪影響を及ぼすと言われるCO2排出量も、

448.88kgから231.68kgになり、

マイナス217.2kg、前年比率で51.6%も削減でき少しですが地球温暖化対策に貢献できています。

そして何より、太陽光のモニターやHEMSにより「エネルギーを見える化」することで日々の暮らしの中に省エネ意識が少しずつ習慣化されていくものだと実感しています。

日本のエネルギー自給率は6%しかありません。

エネルギー自給率 2012 日本

今、日本のエネルギーを現状のまま支えるには一日100億円のお金を使っていると言われています。一人一人の省エネ意識で少しでも自給率を上げたいものです。

省エネに対する見方が変わるのに、我が家のデーターが少しでも参考になれば幸いです。

エコキュートや太陽光で、光熱費がどう変わるかはシュミレーションすることもできます。

わが家のエネルギーを見直されたい方は、Eテックスまでお気軽にご相談下さい。

お問合せフォームはこちらをクリック

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

電話:0120-009-820

※不在時には後ほどこちらから折り返しのご連絡をさせていただきます。

9時~20時頃まで電話対応可能です。平日・土日もご連絡受け付けています。

 「詳しい話を聞きたい。」、「見積りをお願いしたい。」などお気軽にご相談下さい。

  メール:etex@maia.eonet.ne.jp

  FAX:0774-29-5020

  フェイスブック:https://www.facebook.com/etex2002

友だち追加数

「友だち追加」ボタンより簡単にLINEで相談できます。

対応地域:京都府(城陽市・宇治市・久御山町・京田辺市・精華町・八幡市・京都市など京都府南部)滋賀県

主な事業内容:太陽光発電事業・電力自由化新電力事業(産業用太陽光・コンパクトソーラー発電所・農地転用型太陽光発電所)

住宅用太陽光発電・HEMS・蓄電池・EV/PHEVコンセント・オール電化・省エネリフォーム・電気工事・水道工事・リフォーム工事 マイクロバブルトルネード~我が家のお風呂がエステルームに~

住まいの困り事までどんな小さな事でもお気軽にお問い合わせ下さい。

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□