滋賀県高島市の太陽光発電所の建設が1歩進みました。

全量買取制度で申し込みの約50KW太陽光発電所を建設中です。

前回は太陽光架台の位置決めの測量するところまでご紹介させていただきました。

関連記事はこちらへ

 

今回はスクリュー工事の完了までの流れと注意点です。

 

決めた位置にスクリューを打ち込んでいきます。

IMG_9612

ちなみにスクリューは太陽光パネルを載せる架台の基礎土台になります。

 

この上に架台を組んでいきます。

IMG_9636

 

 

本当に「でかいネジ」といった方がわかりやすいです!

日曜大工で木にネジ止めするのを、そのまま大きくして地面にもみ込むようなイメージです!

d8b92aacb16972573da359036886f2e2_m IMG_9621

 

他の施工方法としてはコンクリート基礎をつくる方法があります。

コンクリートは費用と施工期間がかかり、

撤去する事になった場合も産業廃棄物が多くでる事になります。

スクリューを選ぶメリットは

堅い地層に届けば、コンクリートと同等かそれ以上の風圧荷重に耐えられます。

施工期間も短く、撤去もコンクリートと比較すると容易です。

地面の不陸や傾斜地でもレベルを揃える事で対応できます。

小規模からメガソーラー太陽光設備まで様々なところで取り扱われています。

 

 

 

スクリューを打ち込む際に重要になってくるのが、

①水平に真っ直ぐ打ち込む

②レベルを合わせる

③十分な引抜き強度があり抜けない事

どれも当たり前の様な事ですが、

以外と、できてない施工現場も時々見かけます。

 

土台が水平で個々のスクリューのレベルが揃ってないと、

上に乗っかてくる架台・パネルに悪影響を及ぼすのは必至です。

すぐには影響はないですが20年の売電期間を考えると心配ですね。

 

水平の確認を行いながら打ち込んでいきます

IMG_9630

 

スクリュー同士のレベルも機械で合わせます。

IMG_9643

 

 

③の引抜き強度も地盤の調査や、十分な長さのあるスクリューを用意していないとスッポリと抜けてしまう事もあります。

これも、20年間の間に訪れるであろう台風に耐える必要があります。

スクリューを実際に施工した後にも引抜き試験を行い十分な強度を確認いたします。

IMG_9634

 

 

 

 

ここまでくると全体の雰囲気も少しずつ見えてきました。

IMG_9684 IMG_9682

 

IMG_9692

この後はフェンス工事、電気工事、パネル工事と進んでいきます。

来年1月中には連系予定で進んでいます。

また、少しずつ施工記録をアップしていきます。

 

年末で世間も忙しい雰囲気が漂っていますが、

それ以上に太陽光の市場として年度末が近付いてきましたので業界全体がせわしなくなってきています。

今年度の売電単価の申込み完了は2015年3月までです!

といっても申込みをするためには国の設備認定を2月中までに申し込む必要がありますので、

産業用、住宅用、どちらの場合でもお考えの方は期限が近づいてます。

どこから始めていいかわからない方は、まずはお気軽にご相談下さい。

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

京都府(城陽市・宇治市)滋賀県

太陽光発電事業・電力自由化新電力事業

(産業用太陽光・投資用太陽光・コンパクトソーラー発電所・農地転用型太陽光発電所)

 住宅用太陽光発電・HEMS・蓄電池・EV/PHEVコンセント・オール電化・省エネリフォーム

~我が家のお風呂がエステルームに~ 美肌潤い ちいさな泡が私を変える マイクロバブルトルネード

住まいの困り事までどんな小さな事でもお気軽にお問い合わせ下さい。

株式会社 Eテックス  フリーダイヤル:0120-009-820  e-mail: etex@maia.eonet.ne.jp

フェイスブックページ https://www.facebook.com/etex2002 

HPに未掲載情報やお得情報を「いいね」でお届け中!

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□