本日の4月1日、三重県の南東沖で地震がありました。マグニチュード6.1で、京都・大阪でも震度3~2の揺れがありました。

震源地との関係があるのかわかりませんが、こちら城陽市と久御山町だけが震度3と少し揺れを大きく感じました。

地震など起こって真っ先に考えるのは家族の安否でした。

同じ空間にはいないので何が起こっているかわからないので家族の無事がわかるまでは非常に心配です。

そして次に気になるのは、どこかで大きな災害が発生していないか?

今回は、阿倍野ハルカスなどでエレベーターが止まるなどあったそうですが大きな災害や津波はなく一安心でした。

久しぶりに地震の揺れを体で体感したので、改めて地震や大きな災害が起こった際の、

防災対策が必要だと思うキッカケとなりました。

色々な防災対策があるのですが、その中でもライフラインの一つである水についてです。

断水時に非常用の水が大量に必要な理由

地震や災害が起こった際に、途切れると困るライフライン。

その中でも重要な一つが「水」

水

水道管の破裂や、水道局で何かトラブルが発生すると断水の可能性があります。

そういった場合の非常用の水は確保していますか?

水は色々な用途で必要になります。

  • 飲料水。
  • 調理用。
  • 顔・手などを洗うため。
  • トイレを流す水。

断水が発生した際に上記のものはどれも欠かせません。

特に飲料水としての水は生きる上では絶対に必要です。

そのため、東日本大震災の際も断水が長期化し、自衛隊の方が飲料水を配給したりと様々な救済があったそうです。

ですが、かの震災クラスになると、余分な水を配ることはできなくなるので生活用水が行き届かない地域もあったそうです。

生活用水がないと特に困るのはトイレです。

トイレ

トイレを流せないのは致命的です。

そのため、災害対策のために、太陽光や蓄電池を入れて電気の確保ができていた方は、避難所ではなく自分の家にいたそうですが、困ったのは水。

生活に必要な飲料水が配られているが、これをトイレを流す水に使う訳にはいかない。

トイレを流すのには5~10Lぐらいの水が必要になります。

2Lのペットボトル5本もトイレに使うと、大変な量です。

4人家族で1人あたり2回だけしか使わなくても、8回。

1回に10Lのトイレを流す水が必要になった場合は、

おそらく1日で4人家族で80L以上の水が必要になります。

それだけの水を確保してる家は、ほとんどないでしょう。

と、思いますが、

そうではないんです。

それ以上の水を確保してる家がたくさんあるんです。

それがオール電化住宅に設置されてる電気温水器・エコキュートなんです。

電気温水器・エコキュートは非常用の水のタンク

 電気温水器・エコキュートって大きなタンクになっています。

三菱 エコキュート

このタンクにはお湯が入っています。

ということは、この中にはお湯が入っています。

エコキュートのお湯は深夜に沸かして、昼間~夜間にお湯を使います。

お湯を使うと減っていきます。

ですが、お湯が減って、

タンクの中に溜まっている量も減っていると思われている方もいるかもしれませんが、

実はタンクの中に溜まっている量は常に満水なんです。

お湯は確かに減りますが、その分、すぐに水が入ってきます。

あのタンクの中は常に満水なんです。

ですので、

370リットルのエコキュートは370リットルの水が、

460リットルのエコキュートは460リットルの水が、

550リットルのエコキュートは550リットルの水が、

たくさんの水が確保された状態が常に保たれています。

これだけの水があればトイレを流す水や生活用水として、数日は耐えることができます。

非常用水

オール電化にされてる方のほとんどの方は、これだけの水を確保できているということを覚えておいて下さい。

エコキュートの非常用の水の取り出し方

では、実際に断水が起こった場合には、エコキュートの非常用の水の取り出し方も知っておく必要があります。

設置時に施工会社から説明を受けている場合もあると思いますが、電気温水器からエコキュートに取替えさせていただいた際に説明すると、「初めて知った?!」という方もおられます。

取り出し方ですが、いざという時も安心なようにタンク本体に説明が書かれています。

タンクの下部分の型式や注意事項と一緒に非常用の水の取り出し方が書いています。

メーカーにより多少異なりますが、多いのがタンクにつながっている配管の付け根に取り出し口があります。

バケツなど水を貯めるものが必要なります。

実際に一度、我が家のエコキュート・電気温水器がどうなっているか確認しておくと、いざという時も慌てなくてよくなります。

参考になりますが、

下記はパナソニックのエコキュートの例ですが、非常用取水栓というところにホースを取付けて水を取り出せるようになっています。

エコキュート 非常用取水栓

下記は三菱のエコキュートの取り出し口の例です。

エコキュート 非常用水

 

非常用水でのトイレの流し方

実際にバケツなどにくんだ水をトイレで使う方法ですが、

従来型の便器の上にタンクがあるトイレは簡単です。

タンクの中に水をそそいで、いつも通りレバーをひくことで流せます。

そして、最近増えてきたタンクレストイレ。

こちらの場合はトイレメーカーによって方法が変わってきますので、事前に確認した方がいいです。

TOTOさんの場合はこちらのサイトに詳しく書いていますので確認して下さい。

緊急時のトイレの使用(洗浄方法)について

その中で動画でも紹介されていますので、その動画はこちらになります。

パナソニックさんのアラウーノの断水時の取扱いは説明書で確認できるようになっています。

地震・停電・断水時における取り扱いに関するご注意(トイレ)

水を確保するもう一つの方法

これは、昔から言われている方法ですが、水を確保するために、お風呂の残り湯を抜かずに置いておくというのも一つの方法です。

家庭によりますが、100L~180Lぐらいは貯めると思いますので、ある程度減ったとしても、たくさんの水を残しておくことができます。

洗濯に使ったりと節水の効果もありますので、節約・防災面からオススメです。

最近のドラム式洗濯機は使う水の量が少ないので、お風呂の残り湯を使わない方も多いそうですが、防災面からは見直す必要があるかもしれないですね。

ただ、お風呂のお湯を抜かずの置いておくと湿気、カビの発生の原因になりますのでこちらは注意が必要です。

ライフラインは電気・水は欠かすことができない

電気がないと家電製品が使えないのはもちろん、照明が点かないと夜の生活は非常に大変です。

そんな非常用電源になる太陽光・蓄電池を設置されてる方は電気を使うことができたそうです。

いつも通りとはいきませんが、スマホなど充電できれば情報を集めることができるので大変便利です。(回線が通じる状態なら)

ですが、電気だけでは大変なことがわかりました。

前述の家が無事で太陽光などの非常用電源で家に残ることができた方も、

トイレを流す水がなく、やむなく避難所に行かれた方もおられたそうです。

言われてみれば当たり前のことですが、電気が使えるのに、水がないので(トイレを流す水)、家で生活することができないというのは衝撃でした。

電気。水。どちらも必要なんですね。

近いうちにくるといわれている南海トラフ地震や、これからの防災対策に、他の食料や衛生グッズなども含めて改めて見直す必要がありますね。

 

私達ができるのは家庭の設備の防災対策。

太陽光・蓄電池などの非常用電源、非常用の水タンクになるエコキュートなどに関するご相談は下記フォームよりお気軽にお問合せ下さい。

お問合せフォームはこちらをクリック

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

電話:0120-009-820

まずはお気軽にご相談下さい!(^^)!

Eテックス 城陽市 宇治市 京田辺 久御山

※不在時には後ほどこちらから折り返しのご連絡をさせていただきます。

9時~20時頃まで電話対応可能です。平日・土日もご連絡受け付けています。

 「詳しい話を聞きたい。」、「見積りをお願いしたい。」などお気軽にご相談下さい。

  メール:etex@maia.eonet.ne.jp

  FAX:0774-29-5020

  フェイスブックhttps://www.facebook.com/etex2002

友だち追加数

「友だち追加」ボタンより簡単にLINEで相談できます。

  https://www.youtube.com/channel/UCHGYhu0qyCGQUNnx3FC0YdA

主要対応地域:城陽市・宇治市・久御山町・京田辺市

その他対応エリア:京都府南部(京都市北区・上京区・左京区・中京区・東山区・下京区・南区・右京区・伏見区・山科区・西京区・亀岡市・向日市・長岡京市・八幡市・木津川市・大山崎町・井手町・宇治田原町・精華町)

滋賀県:大津市・草津市・栗東市・守山市・竜王町 

大阪府:枚方市・寝屋川市・四条畷市 

奈良県:奈良市

※ 地域によっては別途交通費をいただく場合があります。ご了承ください。

主な事業内容:

住宅用太陽光発電・太陽光発電のメンテナンス点検・HEMS・蓄電池・EV/PHEVコンセント・オール電化・エコキュート・IHクッキングヒーター・省エネリフォーム(システムバス、システムキッチン、洗面台、トイレ、床暖房)省エネ設備機器(内窓、2重窓の交換、レンジフード、食洗機、LED照明、ヒートポンプ床暖房、浴室乾燥機、節水トイレ、節水節湯カラン、エアコン)・電気工事・水道工事(水漏れ修理・水道トラブル)マイクロバブルトルネード~我が家のお風呂がエステルームに~

産業用太陽光発電事業(産業用太陽光・太陽光発電メンテンス・点検・コンパクトソーラー発電所・農地転用型太陽光発電所)

住まいの困り事までどんな小さな事でもお気軽にお問い合わせ下さい。

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□