現在、工事中の太陽光発電所のスクリュー杭の工事が終わったので、雑草対策のために防草シートを施工してきました。

影で発電量を落とさないためにも雑草対策が必要

野立ての太陽光発電所に防草シートが何故必要かと言いますと、太陽光パネルで最大限の発電を維持するためです。

雑草の成長力はすさまじく、品種にもよりますが、すぐに、高さ1m~1.5m近くまで伸びてきます。

太陽光発電 雑草対策

伸びた雑草が太陽光パネルの影になり、発電量を落とします。

影がかかった場合は、バイパスダイオードという機能で、影になっていないセルの部分だけで発電できるようにしてくれます。ですが、この機能が働くとバイパスダイオードに抵抗が加わり熱を持ちます。これが、常に働き、熱を持ち続けると、バイパスダイオードの故障の原因になり、パネルの劣化、発電量の低下を招いてしまいます。

パネルを高い位置に設置していても、うまいこと太陽光の架台に絡みながら伸びてくる雑草もあったりして、パネルの隙間から葉っぱが出てきたりします。これで影ができてしまうパターンもあります。

本当に雑草はやっかいです。

雑草が伸びてくると、影以外にも悪影響が

発電量が落ちる以外にも、雑草が伸び放題になると虫が住みやすい環境になるので、虫、蛇などが発生します。

発電所の場所によっては近隣の住宅にご迷惑をかけてしまう場合もあるので注意が必要です。

太陽光発電 雑草対策

そして、雑草の伸びっぱなしの発電所は印象も非常に悪いです。

管理されていないのが一目でわかりますし、持ち主の印象も悪くしてしまいます。

雑草対策は必ず必要になってきます。

雑草の成長力は凄いので、年に1回の草刈りでは足りない

防草マットをひかずに自身で、草刈機で手入れする方法もあります。

ですが、これは本当に大変です。

太陽光発電 草刈り

まず、年に1回、草刈りをすればいいというものではありません。

春から伸び始め、影になるほど伸び始めた時に刈り取っても、夏場にはもうすぐに伸びてきます。

そして、さらに夏場に刈り取ったとしても、秋に、また伸びてくることもあります。

基本的には1回の手入れでは追いつきませんし、1回の手入れであったとしても、相当な労力、人件費がかかってしまいます。

さらに、実際に草刈機で刈り取る場合も、ケーブル、パネルを損傷してしまう可能性があり、作業する方にとっても大変危険です。

こういったことから野立ての太陽光発電所を20年間、安定的に発電していくためには何かしらの雑草対策が必要になります。

防草シートではなく、防草マット

Eテックスでは、雑草対策のために防草マットをひいています。

こちらは3mmほど厚みがあり、防草シートではなく防草マットと呼ばれるほど、しっかりしたものです。

遮光率も99.9%で、しっかりと隙間なくはることで、下からの雑草をシャットアウトします。

太陽光発電 防草シート

マットをひいたあとは専用の接着剤で、マットとマットを重ねながらつなぎあわせます。

太陽光発電 防草シート

そして、マットはピンで地面に止めます。

このピンに丸いカバーを重ねて止めていかないと、ピンの隙間から雑草が生えたりしてきます。この丸いカバーも雑草対策には必需品です。

太陽光発電 防草シート

スクリュー杭の周りも同じです。

マットを通した後に、専用のテープで隙間を埋めないと、わずかな隙間で雑草が伸びてきます。

太陽光発電 防草シート

前面にマットをひき、杭の周りもテープで巻きつけて、防草マット工事完了です。

太陽光発電 防草シート

本当に雑草対策は大変です。

ですが、最初に防草対策を行うがベストです。

後からすると倍以上の労力がかかります。

雑草は放っておくと、太い幹の雑草が生えたり、雑草どおしで固まって、草刈機で切るのも大変なぐらい成長するものもあります。

20年間継続的に安心して発電するためには防草マットでの雑草対策が必要です。

今日で防草マットの工事も完了したので、次はパネル、架台の取付け工事です。

雑草対策やメンテンスはお気軽にご相談下さい。

雑草が伸びぱなしの発電所や、メンテナンスを頼むとこがなく、困っている場合はお気軽にご相談下さい!(^^)!

今回のような雑草対策は、据付時にきっちりと施工しておくのがよいのですが、

もし、自分や知り合いの発電所が雑草に困っていましたら、草刈りを行い防草マットなどの雑草対策を改めて施工することをオススメいたします。

雑草対策をしていない施工の場合、適切にメンテナンス・設置がされているかも疑った方がいいかもしれません。

きちんとした施工をしているなら雑草対策についても考えてくれているはずです。

ですので、他の部分についても今一度見直しを行う方が良いかと思います。

レアなケースでは設置した段階から壊れていて、初めてメンテナンスを行った際にパネルが壊れていたことが判明ということもあります。

しっかりとメンテナンスや点検を定期的に行うことで、発電量の推移も管理していくことができます。

野立て太陽光は20年間は発電していくので、その間もしっかりと太陽光の維持管理が必要です。

少しの影でも、少しの発電量の低下も20年間という月日は非常に長く、できる限り適切に維持管理していける体制を作っていく必要があります。

当社では太陽光発電協会でメンテナンスの研修を行ったスタッフが専用機材でしっかりと点検・メンテナンスをおこないます。下記は点検のイメージ動画です。

太陽光発電のメンテナンス、雑草対策にお困りの際は、下記フォーム・TELなどからお気軽にご相談下さい。

お問合せフォームはこちらをクリック

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

電話:0120-009-820

まずはお気軽にご相談下さい!(^^)!

Eテックス 城陽市 宇治市 京田辺 久御山

※不在時には後ほどこちらから折り返しのご連絡をさせていただきます。

9時~20時頃まで電話対応可能です。平日・土日もご連絡受け付けています。

 「詳しい話を聞きたい。」、「見積りをお願いしたい。」などお気軽にご相談下さい。

  メール:etex@maia.eonet.ne.jp

  FAX:0774-29-5020

  フェイスブックhttps://www.facebook.com/etex2002

友だち追加数

「友だち追加」ボタンより簡単にLINEで相談できます。

  https://www.youtube.com/channel/UCHGYhu0qyCGQUNnx3FC0YdA

主要対応地域:城陽市・宇治市・久御山町・京田辺市

その他対応エリア:京都府南部(京都市北区・上京区・左京区・中京区・東山区・下京区・南区・右京区・伏見区・山科区・西京区・亀岡市・向日市・長岡京市・八幡市・木津川市・大山崎町・井手町・宇治田原町・精華町)

滋賀県:大津市・草津市・栗東市・守山市・竜王町 

大阪府:枚方市・寝屋川市・四条畷市 

奈良県:奈良市

※ 地域によっては別途交通費をいただく場合があります。ご了承ください。

主な事業内容:

住宅用太陽光発電・太陽光発電のメンテナンス点検・HEMS・蓄電池・EV/PHEVコンセント・オール電化・エコキュート・IHクッキングヒーター・省エネリフォーム(システムバス、システムキッチン、洗面台、トイレ、床暖房)省エネ設備機器(内窓、2重窓の交換、レンジフード、食洗機、LED照明、ヒートポンプ床暖房、浴室乾燥機、節水トイレ、節水節湯カラン、エアコン)・電気工事・水道工事(水漏れ修理・水道トラブル)マイクロバブルトルネード~我が家のお風呂がエステルームに~

産業用太陽光発電事業(産業用太陽光・太陽光発電メンテンス・点検・コンパクトソーラー発電所・農地転用型太陽光発電所)

住まいの困り事までどんな小さな事でもお気軽にお問い合わせ下さい。

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

 

 

Eテックス エキスパート工事店 最優秀賞