新年あけましておめでとうございます。本年も、皆さまの、お役に立てますよう「スピード第一」をモットーに取り組んで参りますので、よろしくお願いいたします。

昨年末の29日に、お客様から緊急の連絡。「すみません!!キッチンでお餅つき機を使っていたら電気が切れて照明と電子レンジが使えないんです!」とのこと。

かなり慌てておられる様子ですので私は、とりあえず電話で次のことを伝えました。

家の中にある、電気の大元の分電盤わかりますか?

「わかります。玄関の横にあります。」

その、分電盤に小さなブレーカーがいくつか、ありますね。

「はい。10個付いています。」

その中で下に下がっている小さなブレーカーがありませんか?

「いいえ。全部上に上がっています。」

と言うやり取りで、概要がつかめましたが、さて、原因は?

直ぐに、お客様宅に訪問して調査を開始。考えられるのは、容量オーバーによりブレーカーが遮断します。その為コンセントを差し替えして、容量を少なくして再度ブレーカーを入れれば復帰しますが、今回は「ブレーカーON」の状態であるのに電気がつかないこと。なぜ?そこで、どのブレーカーが、どこのコンセントに行っているか?の調査です。通常は分電盤の表面に「行先表示」がされていますが、表示はなし。

お客様といっしょに1回路毎にブレーカーを「ON・OFF」しながら異常のある箇所のブレーカーを特定。「ブレーカーON」なのにどうして電気がつかない?。特定した「ブレーカー」を電圧計で測定すると「0v」表示。

原因は「ブレーカーの不具合」と判り新しいブレーカーに取り替えて無事完了しました。お客様から「年末で、どこもお休みで、どこに頼めばいいのか困ってました。正月には、孫も遊びに来るし、本当に助かりました。」と感謝の言葉とお礼にお餅を頂きました。

「身体」急に悪くなったたら直ぐに病院、できれば「主治医」に見ていただきます。

同じように「住まい」の不具合があったら直ぐに、

Eテックスに!!

そんな存在でありたいし、あり続けるるのが、当社の「使命」と自負して、この一年も皆様のお役に立てるよう社員一同取り組んでまいります。

「Eテックス」逆さまに読むと

「スクッテ(救って)」

ブレーカ 締め付け不足

Eテックス エキスパート工事店 最優秀賞