京都府の2016年度版のHEMS補助金が決まりました。

補助金は機器の設置費用の1/2が出ます。

京都府HEMS補助金 スマートコスモ・AiSEG

注意点としては、工事費は補助金の対象になりません。

そして、京都府に在住の方限定の補助金となっています。

上限金額は最大10万円です!(スマートエコハウス促進融資を利用した場合は11万円になります。)

京都府のHEMSの補助金について

HEMSの補助金について、

なぜ京都府がHEMSに補助金を出すのか?

HEMSの実際の役割について、

などは別のページにまとめていますのでこちらを是非ご参考下さい。

オススメのHEMS

何度かブログなどでもお伝えしていますが、今現在オススメなのはパナソニックのスマートHEMSです。

オススメの理由は、パナソニックのスマートHEMSアプリというのがあって、スマホからでも家の電気の情報が見れたりHEMS対応機器の制御ができるようになっています。しかも利用料は無料です。

例えばですが、東芝のHEMSフェミニティ倶楽部は月額500円と有料です。気軽に利用したいものですので有料か無料かは大事なポイントの一つになります。

三菱も無料でアプリは使用できますが、分電盤のブレーカーにCTというのを取付けると回路ごとの使用電力が見れますが、三菱は標準で同梱されているCTが少ないので計測できる回路数が限定されてしまいます。オプションで増やすこともできますが、増やした分だけ費用も多くなってしまいます。

 

パナソニックと三菱の比較でいきますと、パナソニックは標準で8回路まで計測できます。

 

比べて、三菱は4つです。オプションで増やしたい場合もパナソニックは10回路セット、20回路セットと増やせますが三菱はひとつずつ増やしていく必要があります。

同じ10回路増やす場合でもパナソニックなら定価ベースで10回路(MKN74410)で15,000円。

対して、三菱は1つ回路を増やすのに「HM-CTE30」と「HM-CBE02」が必要で合計7,000円します。

これを10回路増やすとなると70,000円になってしまいます!

 

さらにパナソニックならスマートコスモ分電盤という最初から全ての回路にCTが組み込まれた分電盤を出していますので、計測も問題なくおこなえますし、見た目もスッキリ、省スペースで仕上がります。

HEMS対応スマートコスモ パナソニック AiSEG

スマートコスモHEMS

アプリに関しては三菱のHEMSアプリ、パナソニックのHEMSアプリともに綺麗な画面で操作性も良いです。

三菱 HEMSアプリの画面例

三菱 HEMS 

パナソニック HEMSアプリの画面例

スマホ画面 HEMS

他のメーカーさんも同様の商品を今後出されると思いますが、現在はパナソニックのHEMSを導入するのが、利便性、費用面でも一番オススメといえます。

HEMSのシステム概要図 パナソニック

HEMSはこれから必ず必要になるものです。補助金を活用してお得に導入しましょう

国や自治体が補助金を助成しているものは今後の国の政策にとって必要なものです。

国の政策はこれからの地球のため、日本という国のため、国益のために考えられたものです。

このHEMSは2030年には全世帯への設置を目標にしています。

これからの住まいの標準系であるZEH「ゼッチ(ゼロ・エネルギー住宅)」にもHEMSは標準装備となっています。

なぜ、HEMSが必要になるのは日本のエネルギー事情に問題があるからです。

日本のエネルギー自給率はわずか6%。

ほとんどを輸入に頼っています。

そんなエネルギー自給率の問題とは裏腹に家庭のエネルギー使用量は年々増えています。

エネルギー自給率

この自給率を上げるためには、太陽光発電などの再生可能エネルギーを増やすことと、エネルギーの使用量そのものを減らす必要があります。

そして、再生可能エネルギーのような不安定な電気を有効に活用するにはエネルギー(電気)を細かく管理していく必要があります。

電気を細かく調整するには、これまでは一方的に電気を使っていた私達消費者が、逆に電力会社から節電要請を受けて電気の使用量を減らしたりするということも必要になります。

そういったことをするためにHEMSで家庭の電気を細かくチェックし、データーとして保存し、HEMS、スマートメーターを通じて電力会社などとやりとりして節電していきます。

電気を節電した家庭には、何らかの報酬としてメリットがある「ネガワット取引」というのも2017年に誕生する予定です。

ネガワット取引

大前提として、日本のエネルギー問題や、電力の融通を行っていくためにHEMSは必ず必要になってきます。

ですがHEMSはそれだけでなく、HEMSを通じて家電や設備がインターネット、スマホとつながり、私達の代わりに細かい制御をして、最適に省エネを行ってくれます。

私達が普段自分達で節電に取り組んで、不要な電気を消したり、深夜電力の時間にタイマーをセットしたりというのも、HEMSが自動的に行ってくれるようになります。HEMSで省エネをしつつ便利で快適な生活に変わっていきます。

まだ、現時点でサービスが充実していない部分や家電とつながっていない機器もありますが、「電気の見える化」はHEMSを導入するとすぐにでも行えます。

この「電気の見える化」という機能で、家族の電気に関する意識が高まり、約1割の電気代を削減できるというデーターがあります。家族の意識、お子様への電気・環境問題の教育にも大変良い効果があります。

HEMSでエネルギーの見える化 

補助金を活用すれば、今後のHEMSを行ってのサービスも受けることができますし、何より節電できるので地球に優しく、家計に優しく、この京都府のHEMS補助金を活用して日本、京都、私達自身のエネルギー問題を解決していきましょう!

京都府HEMS補助金の活用の案内はこちらから

補助金を管理している(京都府地球温暖化防止活動推進センター)はこちらから

お問合せフォームはこちらをクリック

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

電話:0120-009-820

まずはお気軽にご相談下さい!(^^)!

Eテックス 城陽市 宇治市 京田辺 久御山

※不在時には後ほどこちらから折り返しのご連絡をさせていただきます。

9時~20時頃まで電話対応可能です。平日・土日もご連絡受け付けています。

 「詳しい話を聞きたい。」、「見積りをお願いしたい。」などお気軽にご相談下さい。

  メール:etex@maia.eonet.ne.jp

  FAX:0774-29-5020

  フェイスブックhttps://www.facebook.com/etex2002

友だち追加数

「友だち追加」ボタンより簡単にLINEで相談できます。

  https://www.youtube.com/channel/UCHGYhu0qyCGQUNnx3FC0YdA

主要対応地域:城陽市・宇治市・久御山町・京田辺市

その他対応エリア:京都府南部(京都市北区・上京区・左京区・中京区・東山区・下京区・南区・右京区・伏見区・山科区・西京区・亀岡市・向日市・長岡京市・八幡市・木津川市・大山崎町・井手町・宇治田原町・精華町)

滋賀県:大津市・草津市・栗東市・守山市・竜王町 

大阪府:枚方市・寝屋川市・四条畷市 

奈良県:奈良市

※ 地域によっては別途交通費をいただく場合があります。ご了承ください。

主な事業内容:

住宅用太陽光発電・太陽光発電のメンテナンス点検・HEMS・蓄電池・EV/PHEVコンセント・オール電化・エコキュート・IHクッキングヒーター・省エネリフォーム(システムバス、システムキッチン、洗面台、トイレ、床暖房)省エネ設備機器(内窓、2重窓の交換、レンジフード、食洗機、LED照明、ヒートポンプ床暖房、浴室乾燥機、節水トイレ、節水節湯カラン、エアコン)・電気工事・水道工事(水漏れ修理・水道トラブル)マイクロバブルトルネード~我が家のお風呂がエステルームに~

産業用太陽光発電事業(産業用太陽光・太陽光発電メンテンス・点検・コンパクトソーラー発電所・農地転用型太陽光発電所)

住まいの困り事までどんな小さな事でもお気軽にお問い合わせ下さい。

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

 

 

Eテックス エキスパート工事店 最優秀賞