連日続く、猛暑。本格的な夏がやってきましたね。

人が暑さを感じるしくみを知って、省エネで快適に暮らす方法を考えましょう。

夏の暑さを太陽光パネルで軽減

暑さの原因は温度だけではない

夏、コンクリートの地面を歩いているとジリジリとした暑さを感じます。でも芝生の上を歩くと、いくぶん暑さが和らぎます。

このように、私達が感じる暑さや寒さ、涼しさ、暖かさなどの体感は気温だけでなく地面のような周囲の物の表面温度(放射温度)にも影響されています。

お客様からも「夏、二階が暑くてたまらない・・・」と聞くことがあります。

これも部屋の温度だけではなく太陽の熱で高温になった天井面の温度が影響しています。

体感温度は室温と周囲の物の表面温度のほぼ平均値で表されます。

例えば、室温が30℃だとしても天井面が50℃だったとすると体感温度は、およそ40℃にもなるのです。

この原理を理解すれば、夏の暑さを和らげる方法の一つが「周囲の温度を上げない」ということだとわかります。

まずは、窓から日射が入らないようにし、床、家具の温度を上げないようにしましょう。

室内につけるカーテンやブラインドも遮蔽効果はありますが、温度が上がったカーテンやブラインドから熱が放射され暑さの原因になります。

遮蔽は住宅の外側で行うのが大切なポイントです。

様々な家庭で取り入れられていますが、すだれや、緑のカーテンは非常に理にかなっているわけです。

完全に遮光すると部屋が暗くなるので、「遮熱タイプのガラス」の2重窓、内窓も有効です。これは、今ならエコポイントも活用できるのでお得に導入できます。

 お得な内窓プランはこちら

 

内窓 効果

夏の暑さは窓から

 

 

太陽光パネルの副次的効果

窓の遮熱対策は上記の通りですが、屋根の遮熱対策はどうしましょう?

我が家では屋根に太陽光パネルを設置しています。

太陽光パネルが直射日光を防ぎ、屋根を遮熱してくれています。

この効果で夏は涼しく、冬は暖かく、2階の冷暖房費の削減をしてくれます。

窓を2重窓にするように屋根も2重にしているような状態です。

副次的な効果ですが、太陽光パネルが省エネ効果を押し上げてくれます。

夏の暑さを太陽光パネルで軽減

 

感覚ですが、年々暑くなっているように感じます。

追い打ちするように電気代はどんどん上がっています。

夏の光熱費を削減する方法も様々です。

緑のカーテンや、遮熱シート、内窓、外壁を遮熱塗装、など外側を守る方法と、エアコンを高効率の省エネタイプに変える、エアコンクリーニング、DCタイプの扇風機、室内の空調の効率化など、情報を集めて、ご検討してみてはいかがでしょうか?

省エネ対策に迷われていましたらEテックスまでお気軽にご相談下さい。

太陽光関連 過去記事太陽光関連 過去記事②太陽光設置 お客様の声

エアコンクリーニング施工事例

お問合せフォームはこちらをクリック

 

 □□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

友だち追加数

対応地域:京都府(城陽市・宇治市・久御山町・京田辺市・精華町・八幡市・京都市など京都府南部)滋賀県

主な事業内容:太陽光発電事業・電力自由化新電力事業(産業用太陽光・コンパクトソーラー発電所・農地転用型太陽光発電所)

住宅用太陽光発電・HEMS・蓄電池・EV/PHEVコンセント・オール電化・省エネリフォーム・電気工事・水道工事・リフォーム工事 マイクロバブルトルネード~我が家のお風呂がエステルームに~

住まいの困り事までどんな小さな事でもお気軽にお問い合わせ下さい。

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□