顔写真

ご覧いただきまして誠にありがとうございます。Eテックスの武智です。

月が変わり、4月になりましたね。

4月は色んな制度が発表されます。

気になる補助金に関する制度ですが、さっそく城陽市に電話して確認しました。

「太陽光発電と蓄電池については前年度と同じ概要で補助金を実施する予定です。」

とご回答いただきました。

前年度と同じであれば、

●補助金額

太陽光は1万円/1KW (最大4万円)

蓄電池は6万円/1KW (最大36万円)

と最大40万円の補助額になります。

まだ正式発表はされていないので、分かり次第くわしい内容についてお伝えしたいと思います。

6月オープン予定のロゴスランドや数年後のアウトレット、城陽ジャンクション周辺の市街地など、ますます勢いに乗る城陽市。

太陽の「陽」は城陽の「陽」。

城陽市

この補助金を活用して産業だけでなく、太陽光・自然エネルギーの街として注目してもらえればと思います。

追記 「城陽市・宇治市・京田辺市」 太陽光・蓄電池の補助金ページ開設

太陽光発電・蓄電池の同時設置に関する補助金情報がそれぞれのホームページにアップされています。

詳しくはこちらもご参考下さい。

城陽市:住宅用蓄電池システム等設置費用の一部を補助します

宇治市:平成30年度 家庭向け自立型再生可能エネルギー導入事業費補助金【太陽光発電・蓄電設備の同時設置補助金】

京田辺市:平成30年度京田辺市住宅用蓄電池システム等設置補助金について

前年度は太陽光・蓄電池を両方合わせて最大40万円の補助金

前年度の補助金の概要ですが、

「蓄電池と太陽光発電を同時設置する場合に補助します。」

という条件のもと下記の内容でした。

●補助金額

太陽光は1万円/1KW (最大4万円)

蓄電池は6万円/1KW (最大36万円)

パナソニック 太陽光発電

前年度の補助金概要はこちらから→京都府環境エネルギー部政策課PDF「平成 29 年度家庭向け太陽光発電・蓄電設備補助金~新たに5市町を加え 23 市町でスタート~

4KWの太陽光と5.6KWの蓄電池で37.6万円の補助金

例えばですが、パナソニックの太陽光発電を4KWと5.6KWの蓄電池を設置すると、

  • 太陽光4KW×1万円=4万円
  • 蓄電池5.6KW×6万円=33.6万円

合計37.6万円の補助が受けられます。

30万円近い補助金は大きいですね。

何故これだけ大きな補助金が交付されるかと言いますと、京都府が環境問題に積極的に取り組んでいるからです。

京都府は環境問題に積極的

この補助金は城陽市だけで行っている訳ではなく、京都府と一緒に行っています。

「DO YOU KYOTO」

という言葉が「環境にいいことしてますか?」という意味なのはご存知ですか?

DO YOU KYOTO

京都府は京都議定書が交わされた街として、「再エネコンシェルジュ制度」「京都府地球温暖化防止活動推進センター」など積極的に環境問題に取り組んでいます。

Eテックスも再エネコンシェルジュのお店ですので、こちらのHPに掲載していただいています。

武智淳一 - 京都再エネポータル
あなたにぴったりの再エネ設備をご提案。京都再エネ・コンシェルジュ制度がスタート!

 

私も微力ではありますが、京都府地球温暖化防止推進員として登録していますので、太陽光に限らず、省エネのヒントに下記サイトもご参考下さい。

京都府地球温暖化防止活動推進センター
京都府地球温暖化防止活動推進センター(NPO法人 京都地球温暖化防止府民会議)公式サイト

 

太陽光と蓄電池を組み合わせて電気の自給自足を実現

単純に太陽光発電を増やすだけではなく、蓄電池と同時設置の場合に補助金を出すのにも訳があります。

同時設置することで、売電だけでなく、発電した電気を貯めて、自分のところで使う「自家消費型」のスタイルを目指しています。

自家消費スタイルが進むことで、

  • エネルギーの地産地消になる
  • 自分で発電するのでエネルギー自給率があがる
  • エネルギー自給率が上がるので、燃料資源などの他国の情勢に左右されない
  • 停電などの影響を受けにくい、災害に強い街づくり

太陽光発電システムだけでもすごいのに蓄電池と組み合わせるだけで、さらにすごいことになります。

電気の自給自足が可能になるなんて、数年前には考えられませんでした。

自家消費でエネルギーの自給自足をしていく街づくりを京都から発信するために、このような補助金が行われています。

わが家を発電所にして、電気を買わない生活に近づけてみませんか?

全ての家が太陽光発電に向いている訳ではありませんが、設置可能なお屋根であれば、こちらの補助金をご活用いただいてはいかがでしょう。

宇治市や京田辺市も補助金実施予定

その他、宇治市や京田辺市などの京都の市町村で補助金が実施される予定です。

京田辺市は、すでに平成30年度の情報に更新されていました⇒京田辺市HP「平成30年度京田辺市住宅用蓄電池システム等設置補助金について」

新しい情報がわかりましたら随時お伝えさせていただきます。