Eテックス|京都府城陽市・宇治市の太陽光・蓄電池・オール電化工事店

エコキュートの仕組み

省エネや節約に最適な給湯機として注目されているのがエコキュートです。

エコキュート

パナソニック エコキュート

エコキュートがなぜ「エコ」なのか。

それは、「空気」という、地球のどこでもまんべんなく存在しているものを利用してお湯を沸かすことができる点にあります。空気が持っている熱エネルギーを少しの電気エネルギーで大きな熱エネルギーに変えるのです。

つまり、どこまでも省エネにつながる湯沸器なのがエコキュートです。

エコキュート 高効率

エコキュートの最大の特徴はヒートポンプ技術を採用していること

「自然冷媒ヒートポンプ給湯機」というのがエコキュートの正式名称です。エコキュートの給湯機は大きく分けて二つのユニットから構成されています。ヒートポンプユニットと貯湯タンクユニットです。

DAIKIN エコキュート

ヒートポンプユニット(お湯を作る)

DAIKIN エコキュートA

貯湯タンクユニット(お湯を貯めておく)

空気を圧縮すると自然に熱が発生します。ヒートポンプユニットではまず空気を外から取り入れて圧縮機に掛け、水を高温にします。最高90度まで湧かしたお湯は貯湯タンクユニットに渡されます。

エコキュート ヒートポンプ仕組み

ヒートポンプユニットでポイントとなるのは空気の熱を集めるのにCO₂を使っていることです。つまり、CO₂を冷媒として自然なかたちで発熱サイクルを作っているため「空気中の熱を二酸化炭素に伝える→二酸化炭素を圧縮する→高温になった二酸化炭素の熱を水に伝える」という循環システムになっているというわけです。

かつて、電気製品に使われる冷媒というと「フロン」が広く利用されていました。しかし、オゾン層破壊や人体への影響が心配されるため、二酸化炭素(CO2)が冷媒として使われることは環境保護にも役立ちます。

よくわかるヒートポンプの仕組み(ダイキンHP 空気の学校)

他の給湯器と比べて効率が良いので光熱費もお得に

エコキュートはエネルギー効率が良いのも魅力です。使用される電気エネルギーの3倍以上の熱を作ることが出来ます。

その効率の良さは電気温水器やガス給湯器、石油給湯器よりも優れていて約2~4倍の効率。

給湯にかかる光熱費は、約1/2~1/4になるという訳です。

エコキュートの割安なランニングコスト

電気料金の安い深夜電力を使用するので月々の給湯にかかる光熱費はわずか約1,700円。

さらに深夜電力プランの加入をキッカケに洗濯機や食洗器などを深夜電力で使えば光熱費はさらにお得になります。

今後、普及が予想される家庭で充電できる電気自動車やPHV車も深夜電力を活用すればお得に充電できます。

関西電力の深夜電力が活用できる「はぴeタイム」はこちらをクリック

エコキュート 深夜電力

 

このように、エコキュートは効率よくお湯ができる省エネにピッタリな電気製品だといえるでしょう。

その仕組みから、二酸化炭素という自然にありふれているものを冷媒として熱を作りお湯を沸かすという、

自然にやさしく、そして家計にも優しい給湯機です。

エコキュート 自然

メールは「お問い合わせ」または、etex@maia.eonet.ne.jpよりお願いいたします TEL 0120-009-820

おすすめキャンペーン
エコキュート
IHクッキングヒーター
EV・PHV充電器
マイクロバブルトルネード
住宅用太陽光発電
家庭用蓄電池
HEMS
太陽光発電メンテナンス
省エネ設備のリフォーム
電気水道工事
省エネ診断
エアコンクリーニング

アーカイブ

カテゴリー

Twitter でフォロー

PAGETOP

Copyright © Eテックス All Rights Reserved.