【太陽光発電】再エネ勉強会に参加してきました。

ご覧いただきありがとうございます。Eテックスの社長 武智(たけち)です。

城陽市を拠点にエコリフォーム専門店をしております。

先日、新エネルギー革命会の勉強会にご招待いただきました。

とても熱い内容でしたので深掘りしていこうと思います。

新エネルギー革命会

エネルギー業界を現場から支える地域に根差した販売店・施工店が集う団体

新エネルギー革命会の事務局の方から今回は見学参加のご招待をいただきました。

 

『再生可能エネルギー普及に向けた課題と日本の針路〜これからの販売店・施工店にとってのあり方とは?』

第一部は、京都大学大学院 再生可能エネルギー経済学講座 安田先生からの解説

世界と日本、再エネの普及の違い・問題点、リスクマネジメント、ベネフィットなどを解説いただき、

日本の再エネ普及がいかに遅れているのか改めて知らされました。

当社にできる再エネの普及に取り組めることは、何か?  考えいきます!!!

 

低圧発電所の今後は?

第二部はディスカッション形式で

今度の低圧太陽光発電所の議論されました。

来年度より低圧発電所は地域活動電源とする方針を示され

低圧発電は余剰電力の発電所のみ認定する方針になり

事実上、低圧太陽光の全量売電は不可となりそうです。

※Eテックス施工発電所

各社様、自家消費型に切り替え低圧から高圧への切り替えなど議論がありました。

早く情報を掴み、いち早く制度の変更に対応しながら生き残ることが重要です。

イヤな話ですが、来年度はさらに太陽光からの撤退、倒産業者が増加しそうです。

食とエネルギーによる地域活性化への挑戦

第三部は さがみこファームさんのソーラーシェアリングの挑戦の発表

今年第一区画目が工事開始となるそうで

これまでの、苦労や挑戦の日々を赤裸々に報告されていて、

本当に生の現場の声でとても勉強になりました。

Eテックスでも農地転用からの発電所建設は経験がありますが、

農業委員会、農政課との調整が本当に複雑なんですよね。

日本の農家さんの高齢化や耕作放棄地、食料自給率の問題からすると

農地へのポテンシャルは本当に高いと思います。

収益が上がる農業プラス収益を補う太陽光発電で運営できれば本当に素晴らしいと思います。

城陽市も農地が多いので何かしらの方法で取り組めないか考えて行こうと思います。

熱い、勉強会でした。

再エネ好き、太陽光好き、エネルギー好きの方ばかりが全国から集まっているすごい勉強会でした。

当社も再エネに取り組んでいる企業として

勉強内容を生かして出来る事に集中して取り組んでいきたいと思います。

ありがとうございました。

 

 

お気軽にご相談ください

当社は城陽市を中心に地域密着‼
電話一本、LINE一本で飛んでくる、あなたのための一生付き合える「光熱費削減応援隊」です。

太陽光発電・蓄電池・オール電化「売りっぱなし撲滅!」を胸に創業17年施工実績3,000件以上のお客さま満足度NO.1の会社です。

資格を持ったスタッフによる現場調査、施工、アフターも全て自社施工で喜んでいただいています。
延長保証・工事保証。複数メーカーのお取扱いをしています。
LINE、TEL、メールなどお気軽にご相談下さい。