現在、太陽光発電システムは2009年に開始された「固定価格買取制度」によって余剰電力の10年間の買取期間が設定されていますが、2019年11月以降 買取期間の満了をむかえるにあたり、「経済産業省 資源エネルギー庁」が情報提供サイトを開設しましたので、ご紹介させていただきます。

 

下記リンクより

どうする?ソーラー|資源エネルギー庁
経済産業省・資源エネルギー庁のホームページです。新エネルギー。どうする?ソーラー。

 

いわゆる「2019年問題」

太陽光発電システム設置10年以上、またはこれから10年目をむかえる方は是非ご確認ください。