顔写真

ご覧いただきまして誠にありがとうございます。Eテックスの武智です。
今回は2019年問題とは何かということについてご説明したいと思います。

太陽光発電の余剰電力買取制度が2009年11月よりスタート

太陽光発電の余った電気を買い取る「余剰電力買取制度」というのが、

2009年11月より始まりました。

太陽光発電の買取制度

太陽光発電の買取制度について 経済産業省資源エネルギー庁 省エネルギー・新エネルギー部 より

ちなみに平成24年7月からは「再生可能エネルギーの固定価格買取制度」に移行されましたが基本的な内容は同じです。

2019年10月31日には売電価格は4~5円になるかも・・・

この2009年11月以降は10年間は余った電気は1KW辺り、48円で電力会社が買い取ってくれるようになりました。

「売電単価が何円」というのは、この48円のことです。

売電単価は年度毎に変わりますが、48円でスタートした方は、10年間は売電単価は固定です。

ちょうど10年間の期間限定になります。

(※例:2010年4月1日に太陽光を設置した方は2020年3月31日まで)

 

2009年11月に始まったので、一番早く10年たつのが2019年10月31日です。

この後は、余った電気は48円の買取りではなくなります。

何円で買い取るかは決まっていませんが、国の「調達価格等算定委員会」というところによると、11円ぐらいになると言われています。

他の情報では4~5円ぐらいになるのでは?

という話もあります。

2019年問題について

売らずに貯める。蓄電池で自分の家で使う自家消費の時代に

4~5円で売ってしまうともったいないですね。

この余った電気を売らずにどうするかというのが「2019年問題」です。

一番有効活用できるのは、売らずに貯める。

そこで活躍するのが蓄電池です。

蓄電池に太陽光の電気を貯めておいて、夜に使えば、電気をほとんど買わない生活ができます。

電気の自給自足に近い生活ができるようになります。

パナソニック蓄電池の環境優先モード

蓄電池に電気を貯めて、災害時の備えも

また、蓄電池は災害時の電気の備えにもなりますので家族の安心を守ることができます。

パナソニック蓄電池 停電時の安心イメージ

太陽光発電・蓄電池のことならおまかせください

色々な蓄電池がありますのでお客様の家にあった蓄電池のご提案をさせていただきます。

肝心の太陽光発電に異常がないかもEテックスでは蓄電池の設置前に、太陽光発電システムの点検も行っております。

太陽光発電の点検 IRカメラ 太陽光発電の点検 IRカメラ

太陽光発電 保守点検 太陽光発電 保守点検

蓄電池を設置する際は、パワコンは取替えた方がいいのか、そのままでもいいのか?などなど疑問がたくさんあると思います。

簡単に相談できるLINE、または電話、メールなどコメント欄に掲載していますので太陽光発電、蓄電池に関することならお気軽にご相談下さい。

 

【数量限定】 無料で蓄電池の情報冊子をプレゼント中

まだまだ情報の少ない蓄電池。無料小冊子のご案内など蓄電池システムの詳しい情報はこちらをご覧ください。

蓄電池
2019年問題 太陽光発電の売電が終了します。 蓄電池の正しい知識と情報を無料でお届けトラブルが多い訪問販売で契約する前にこちらの小冊子で正しい知識と最新情報を身...