View this post on Instagram

株式会社Eテックスさん(@etex_kyoto.joyo)がシェアした投稿

先日NHKでも特集が組まれていましたが、「太陽光発電の2019年問題」、2019年11月に買取期間の満了を迎えるにあたり、満了まで1年を切り かなり関心が高くなってきましたね🌞

「2019年問題」というフレーズが話題になってしまっているので、なんだかネガティブな印象ですが、太陽光発電の10年間の買取り期間というのは初めから決まっていたことでもあり、国の方針としては「期間終了後は電気自動車や蓄電池と組み合わせるなどして自家消費すること」としているので、慌てず冷静に情報を集めることが大切です🙆‍♂️

日本のエネルギー自給率は8%と言われていますが、太陽光発電を設置されているお家では使った電気よりも多く発電をし、自給率100% さらに100%以上というケースも珍しくありません🙌

これからは売電中心ではなく、本当の意味でのクリーンなエネルギーとして、エネルギーの自給自足、賢い自家消費が中心の生活となっていきます☘✨

太陽光発電を設置されて10年以上の方、これから10年目をむかえる方、しっかりと正しい情報を集めていきましょう👏

私たちもしっかりとサポートしていきますので、お気軽にご相談ください🙌

京都府城陽市 (株)Eテックス
HP http://etex.jpn.com/
MAIL etex@maia.eonet.ne.jp
TEL 0120-009-820
LINE@ならニックネームでお気軽に相談OK → https://line.me/R/ti/p/%40cfo7949h

#京都 #京都府 #城陽 #城陽市 #宇治 #宇治市 #太陽光発電 #蓄電池 #オール電化 #太陽光発電蓄電池オール電化専門店 #売りっぱなし撲滅 #光熱費削減応援隊 #Eテックス#2019年問題 #卒FIT #固定買取制度 #再エネ #再生可能エネルギー #クリーンエネルギー

(インスタグラムから投稿)