平成30年7月豪雨 水害があったら何をすべきか

この度の「平成30年7月豪雨」の被害に遭われた方のとても大変な状況。

雨が止んだ後でも河川が氾濫していたり、熱中症など二次的な被害がとても心配です。

 

住宅関係のニュースを配信している「新建ハウジング」にて、「水害があったら何をすべきか」という記事がありまして、水害に遭ったあとの住宅に関する対処法や注意点などが紹介されていましたので、ぜひご覧ください。

 

下記リンクから↓

写真を撮る・領収書やレシートを取っておく 被災された顧客への支援方法(上) 2018年7月豪雨により、西日本を中心に洪水や土砂災害などの被害が相次いだ。自社が...

 

これ以上の被害の拡大がありませんように。

少しでも早い復旧、復興をお祈りしています。

お気軽にご相談ください

当社は城陽市を中心に地域密着‼
電話一本、LINE一本で飛んでくる、あなたのための一生付き合える「光熱費削減応援隊」です。

太陽光発電・蓄電池・オール電化「売りっぱなし撲滅!」を胸に創業17年施工実績3,000件以上のお客さま満足度NO.1の会社です。

資格を持ったスタッフによる現場調査、施工、アフターも全て自社施工で喜んでいただいています。
延長保証・工事保証。複数メーカーのお取扱いをしています。
LINE、TEL、メールなどお気軽にご相談下さい。