城陽市N様邸 隠ぺい配管のエアコン工事 パナソニック「CS-228CF」

顔写真

ご覧いただきまして誠にありがとうございます。Eテックスの武智です。

城陽市N様邸でエアコンの取付け工事をさせていただきました。

N様はこれまでにも、電気工事やミラブルの取付けをさせていただいたOBのお客様です。

 

今回は、新築時に仕込み済みの隠ぺい配管のエアコンの取付け工事です。

隠ぺい配管は「壁の中にエアコン用の配管が隠してる」状態です。

 

見た目はすごくすっきりしますが、取付けに制約が出る場合もあるのでメリット・デメリットあります。

 

N様邸も、デメリットではありませんが、事前に仕込まれていたドレン配管が小さすぎて・・・

壁をいちど壊して、

ドレン配管を仕込みなおし、

壁を復旧、

クロスを貼り直し、

という形で工務店さんにやり替えてもらうという、ひともんちゃくがありました。

 

それが昨年。

今回、N様もお忙しかった関係で、一年越しで取付け工事をさせていただきました。

 

※(隠蔽配管は施工ができないこともございます。工事の受付をお断りさせていただく場合もございますのでご了承お願いいたします。)

室内機の工事

事前にエアコンの配管が仕込まれた状態です。

隠ぺい配管エアコン

 

まずは、配管の位置に合わせて背板を取付け。

水平を確認しながら設置します。

背板の取付け

 

配管をエアコンの位置に合わせて事前に加工しておく必要があります。

 

通常のエアコン取付けでは、この作業はあまり行わないので、隠蔽配管ならではの一手間とも言えます。

フレア加工

 

 

本体を浮かしながら、配管を接続。

トルクレンチという決まった力で締めれるものを使用しています。

トルクレンチで接続

室外機側の設置工事

先ほどの室内とつながる配管は外壁から出ています。

ここに接続します。

隠ぺい配管

 

配管の長さが決まっているので失敗はできません。

接続後に真空引きを行います。

真空引き

 

最終はガス漏れがないことを確認して試運転と仕上げを行います。

ガス漏れチェック

 

室内側の接続した部分。

こちら結露しないように保温材で配管をくるみます。

配管の接続

保温材で結露防止

 

これで隠蔽配管のエアコン工事の取付け完了です。

Panasonicの2018年モデルの6畳用、「CS-228CF」です。

(現在は在庫切れで、2019年モデルのみしかございません。)

Panasonic CS-228CF

 

室外機側も水平を調整。

水平確認

 

ドレンがちゃんと流れてきているか確認します。

ドレン確認

 

この位置だと飛び散りが激しいので下向きになるようにさせていただきました。

ドレン配管を下向きに

 

これで室外機側も設置工事完了です。

パナソニック6畳用エアコン

 

隠ぺい配管は、事前の仕込みによって工事がうまくいかない場合や、設置自体が難しい場合があります。

 

新築時の電気工事屋さんの、腕前、どれだけ設置時を想定しているかに大きく左右されます。

 

設置予定のエアコンが決まっている場合は、工事の説明書をもとに隠蔽配管をしてもらうことが重要です。

 

商品にはほとんど「工事説明書」または「施工説明書」といったものが付属しています。

 

この中に、「隠蔽する時はこうして下さいね。」と書いていますので、そこに注意すれば設置もうまくいくと思います。

 

N様邸も無事に設置完了。

こちらのお部屋は子供部屋で、これからの夏場も安心ですね。

 

N様、工事のご依頼いただき誠にありがとうございました。

お気軽にご相談ください

当社は城陽市を中心に地域密着‼
電話一本、LINE一本で飛んでくる、あなたのための一生付き合える「光熱費削減応援隊」です。

太陽光発電・蓄電池・オール電化「売りっぱなし撲滅!」を胸に創業17年施工実績3,000件以上のお客さま満足度NO.1の会社です。

資格を持ったスタッフによる現場調査、施工、アフターも全て自社施工で喜んでいただいています。
延長保証・工事保証。複数メーカーのお取扱いをしています。
LINE、TEL、メールなどお気軽にご相談下さい。