長州産業 蓄電池 売電終了後の設定方法 京田辺市

売電終了後の蓄電池は、運転モードの変更が必要?

ご覧いただきありがとうございます。

Eテックスの武智です。

先日、蓄電池を工事させてもらったお客さまの

48円の売電期間が終了したので、蓄電池の運転切替をさせてもらいました。

売電期間中は、経済性モード

蓄電池は、長州産業(オムロンのOEM、京セラも同製品あり)

単機能型9.8kWhの蓄電池です。

売電期間中は、余った電気は売電してもらう方が

経済的ですので、蓄電池は『経済性モード』で

売電終了の操作方法

まずは、モニターの下のカバーをあけて

『運転』ボタンをおします。

 

すると現在の運転モードの状況が確認できます。

『下矢印』を押して『蓄電池動作モード』に黒い枠を合わせます。

次に『決定』押すと

蓄電池の動作モードの中から『グリーン』を選んで『決定』

これで、設定完了です。

『グリーンモード』では、発電中の余った電気を蓄電池に貯め

夜間に使用する電気の自給自足モードです。

関電エリアですと売電は8円ですが、夜間は25円+賦課金約3円で約28円ほどの電気を

買う事になるので

売電するよりも、自家消費をして余計な電気を買わない暮らしにしていきましょう。

太陽光の自立運転も再確認

停電時も活躍してくれる蓄電池

停電→蓄電池から放電→電気が使える

ですが、

単機能型の蓄電池の場合は

停電時に太陽光発電の電気を充電するには

自立運転に切替が必要です。

今回お客様には改めて『自立運転』の方法をお伝えしました。

サンヨーのパワコンの場合は

運転ボタンを押して再度運転ボタンを押す

簡単に言うとこれで『自立運転』になります。

停電解除後も同じ動作をすると『連系運転』にもどります。

 

ご使用されている蓄電池が、

『単機能型』か『ハイブリット型』か

パワコンの『自立運転』の切替方法は、

購入された販売店に確認しておきましょう。

廃業、撤退されている販売店も多いので

その時は、お気軽にご相談ください。

お気軽にご相談ください

Eテックス 電力自由化イベント
当社は城陽市を中心に地域密着‼
電話一本、LINE一本で飛んでくる、あなたのための一生付き合える「光熱費削減応援隊」です。

太陽光発電・蓄電池・オール電化「売りっぱなし撲滅!」を胸に創業17年施工実績3,000件以上のお客さま満足度NO.1の会社です。

資格を持ったスタッフによる現場調査、施工、アフターも全て自社施工で喜んでいただいています。
延長保証・工事保証。複数メーカーのお取扱いをしています。
LINE、TEL、メールなどお気軽にご相談下さい。