太陽光発電の売電価格の下落の後の選択肢はこの3つ

2019年の11月より順次、太陽光発電の売電の価格の下落が始まっています。

 

今回の下落となっているのは、2009年以前に太陽光を設置された方たちです。

2009年以前に太陽光を設置した方は10年間48円で売電できた

2009年以前に太陽光を設置された方は1kWに対して、48円で売電することができました。

ちょうど、この年の11月から48円というこれまでより高い値段で買い取る制度がスタートしたのです。

 

そこから10年間は48円の単価が国から保証されていました。

その10年間が満了するのが、ちょうど昨年の2019年11月でした。

そのため「2019年問題」という言い方をされるようになったのです。

 

48円からいくらになるかというと・・・8円になります。

一部、サービスや条件付きで8円より多く買い取るケースもありますが、関西電力は8円での買取のため、ほとんどの方は、今後は8円での買取となります。

 

8円になった太陽光の電気をもっと有効活用する方法は主に3つ

8円になった太陽光の売電。

 

そのまま置いておくと、もったいないですね。

売電せずに、太陽光をもっと有効活用する方法は大きく3つあります。

  • エコキュートを昼間に沸かす
  • 電気自動車に充電
  • 蓄電池に電気を貯める

どの選択肢も、一度他のものに貯めて使うという方法になります。

結論からいうと一番現実的に有効活用しやすいのは蓄電池に貯めて、太陽光の電気を夜間に使うことです。

 

エコキュート、電気自動車、どちらも可能ですが、まだ少し弱点があります。

エコキュートのお湯を昼間に沸かせるが、

まずは、エコキュートについては昼間に沸かすのが、基本的には手動設定になることです。

例えばパナソニックの「ソーラーチャージ」というものがあります。

ソーラーチャージで太陽光を有効活用

 

イメージとしては下記にような動作になります。

下の図の「ソーラーチャージ機能の活用方法、エコキュート単独の場合」のところにもありますが、自分で翌日の天気をチェックして前日に手動でセットする必要があります。

ソーラーチャージ機能の説明

毎日、天気をチェックして、手動でセットするのはとても大変ですよね。

もう1点、天気のことなので、天候が変わり雨が降ることもあります。

そうなった場合に、昼間の電気代で沸かす必要があるため、むしろ割高な「デイタイム」の電気代でお湯を作らないといけない可能性が発生します。

 

ここが、エコキュートに貯めて、太陽光を有効活用する難しい部分になってきます。

 

続いて、電気自動車への充電。

これは、細かな調整などはいらないのですが、車が常に家にある必要があります。

通勤などで、電気自動車を使われてる場合は、太陽光で充電するのは難しですね。

もし、あまり車は使わなくて家に置いてる場合でも、少し問題点はあります。

あまり使わないということは、充電が減らないということ。

減らないまま、晴れの日が続くと、電気自動車に太陽光の電気を貯めるスペースが生まれないんですね。

 

ちなみにこの問題を解消するには、電気自動車から家に電気を送る「V2H(ビークルトゥーホーム)」というシステムがあればOKです。

V2Hに関しては、少しずつ商品ラインナップが増えていますので、今後は蓄電池とともに太陽光の活用に欠かせない設備になってくると思われます。

 

最後が、蓄電池に発電した電気を貯める方法です。

今、一番、有効活用できる方法として、太陽光の売電価格が下落された方は、蓄電池の設置をすすめています。

 

エコキュートのソーラーチャージの大変であった手動操作も必要なく、電気を蓄電池に貯めることができます。

翌日の天気を確認しなくてもいいのも簡単です。

逆に、雨が降って発電しなさそうな時は、深夜電力を蓄電池に貯めておいて割安な電気を昼間に使うことも可能です。

 

そして、電気自動車での、「家に車を置いておく必要がある」というのももともと家に設置してしまうものですので蓄電池は大丈夫です。

もう一つの電気を貯めておくスペースも、貯めた電気は、その日の夜間に使われるので、次の日はまた新たに充電するスペースが生まれています。

電気を上手に使えるのが蓄電池のポイントです。

さらに、災害などの停電時にも活躍できるのも大きなポイントです。

万が一、長期間の停電になった場合でも、晴れてさえいれば繰り返し太陽光の電気で充電できます。

 

主な3つの有効活用の方法を比べてみると、蓄電池が太陽光と一番相性の良いのが見えてきます。

次は、どんな蓄電池がいいのか?

という話になりますが、これはご家庭によってバラバラです。

 

もともとついてる太陽光のメーカー、太陽光パネルの容量。

普段の電気のご使用量、家族構成。

そんな蓄電池をご家庭に合わせてオススメさせていただくのが私達の役目です。

 

もっと細かい部分だと工事の方法によって設置できるできない、向いてる向いてない。

といった部分もあります。

工事に関しても熟知している私達だからできる提案が、他社とは違う提案力です。

 

とはいっても、蓄電池を検討するかどうかに関しても、まだまだ情報が少なく困ってる方もいます。

そんなお客様のためにEテックスでは「蓄電池の小冊子」を無料でプレゼントしています。

詳しくは、商品メニューの蓄電池のページをご覧ください。

 

その他、太陽光、蓄電池に関するごお困り事などございましたらお気軽にご相談下さい。

お気軽にご相談ください

当社は城陽市を中心に地域密着‼
電話一本、LINE一本で飛んでくる、あなたのための一生付き合える「光熱費削減応援隊」です。

太陽光発電・蓄電池・オール電化「売りっぱなし撲滅!」を胸に創業17年施工実績3,000件以上のお客さま満足度NO.1の会社です。

資格を持ったスタッフによる現場調査、施工、アフターも全て自社施工で喜んでいただいています。
延長保証・工事保証。複数メーカーのお取扱いをしています。
LINE、TEL、メールなどお気軽にご相談下さい。