太陽光発電システムの断線・抵抗値検査

専用機器を用いて、太陽光発電システムの断線箇所がないか、

太陽光パネルで発電していない箇所がないか、抵抗値が異常に高くないか点検できます。

太陽光発電 保守点検 太陽光発電 保守点検

単純な電圧測定では、断線箇所や、断線の恐れは発見できません。

太陽光パネルの中には一枚のパネルの中で、正常に発電している箇所、発電したいない壊れた部分があったとしてもバイパスダイオードというもので、発電できない場所を飛ばして電気を送るシステムが入っています。

このバイパスダイオードのお陰で影が発生しても発電が完全に止まることなく、発電できる部分をうまく活用して発電できるようになっています。

逆に、このバイパスダイオードがあることで劣化やパネル断線に気づきにくいことがありますので、これを専用機器で点検機器で測定することで不具合箇所を早期に発見できるようになっています。

太陽光発電システムのIVカーブ測定

太陽光発電システムの点検でIVカーブ測定を実施することで、パネルが本来の性能通り発電しているか測定することができます。

太陽光発電IV測定

 

正常なカーブを描き、正しい数値が出れば、太陽光パネルが本来の性能を発揮していることになります。

太陽光発電IV測定 太陽光発電IV測定

これが、正常な数値が出ない,

変なIVカーブを描く場合は太陽光パネルが劣化している可能性が考えられます。

太陽光発電IV測定

大事な発電機会を失わないためにも、定期的なメンテナンスで出力の確認をし、太陽光パネルの健康診断を行っていく必要があります。

 

そして、太陽光発電を設置してから7~9年経過している場合は、よりIVカーブなどのメンテナンス・点検をする必要があります。

なぜなら、多くの方は太陽光発電システムのメーカー保証に加入しているからです。

太陽光パネルの劣化=出力保障の対象

となりますので、出力保障の数値以下に発電能力が下がっていた場合は、メーカー保証の対象になります。

メーカーの10年出力保障などは、このIVカーブ測定などで測らないとわかりません。

10年経過後に劣化を発見してもメーカー保証を受けることはできませんが、事前に劣化を発見できた場合は保証・交換してもらえる可能性がありますので保証期限までに1度点検を行うことをオススメいたします。

太陽光パネルのIRカメラによる点検

様々な点検を行って正常な数値が出ていても、数値に表れない劣化もあります。

そして、それは人間の肉眼だけではわからないものがあります。

そこで必要になるのが「IRカメラ」による点検です。

太陽光発電 IRカメラ

テレビ番組などの実験でよく目にするサーモカメラのようなものです。

太陽光発電 IRカメラ

この特殊なカメラによる点検で、異常な発熱している部分を早期に発見することができます。

発熱している部分は「ホットスポット」などと呼ばれています。

発熱(ホットスポット)がおこる可能性があるのは、常に影になってしまっている部分や、パネルの中のハンダ付けに問題がある場合です。

太陽光発電 IRカメラ

影になっている部分は発電しないので、そこを迂回するためにバイパスダイオードというものが組み込まれていますが、これは常に動作する想定ではないので、常に影がかかってしまうような場合に熱をもつことがあります。

そして、ハンダ付けなどのパネル内部の劣化なども発熱の原因になります。

発熱はやがて火災の原因になり、家屋に危険を及ぼします。

測定機器での数値の測定と合わせて、「IRカメラ」などでのホットスポットを早期に発見していくことも大切になります。

太陽光メンテナンス協会

太陽光発電システムの点検の技術向上・正しいアフターメンテナンスを提供するために太陽光発電検査協会(PIA)に加入しています。

太陽光発電検査協会

ここでは、全国の太陽光発電システムに関わる情報交換や最新事例の共有を行い、太陽光発電のメンテナンス・保守点検の品質向上に努めています。

太陽光発電検査協会 太陽光発電検査協会

こちらでは全国の実際にある発電設備での現地勉強会や、自社だけでは得られない全国での不具合事例最新メンテナンス機器の情報などを行っています。

太陽光発電検査協会 太陽光発電検査協会

FIT制度により、全国各地にできた再生可能エネルギー。

その中でも多数を占める太陽光発電システムの保守点検を行い、より長く発電を続けることで太陽光発電の本当の価値が生まれ、環境貢献ができます。

そんな太陽光発電システムを守るためにも、より正しいメンテナンス・保守点検をご提供するための技術向上に日々努めています。

太陽光発電のメンテナンスはお任せ下さい。

Eテックスでは自社で施工させていただいた太陽光発電システムの自社アフターメンテナンスを行っております。

太陽光発電IV測定

 

ですが、全ての施工会社が、きちんとアフターメンテナンスを行っている訳ではありません。

簡単な目視点検や電圧測定しかしていない場合もございますし、

設置してから一度もメンテナンスを行っていない場合もあります。

場合によっては、施工会社そのものがなくなっている場合もあります。

せっかくのわが家の発電所、太陽光発電システムもより長く安心してお使いいただけるように、他社で施工された太陽光発電システムのメンテナンス・保守点検もお受けしています。

住宅用、産業用など太陽光発電のメンテナンスについては、お気軽に下記問い合わせフォーム・TELよりご相談下さい。

お問合せフォームはこちらをクリック

産業用太陽光発電 施工事例

野立て太陽光発電 62.40KW 滋賀県某所

REC260PE×240枚 田淵製9.9KW三相パワーコンディショナー×5台

スクリュー杭基礎 ZAM鋼材積雪対応架台

 産業用太陽光発電 施工事例 産業用太陽光発電 施工事例

産業用太陽光発電 施工事例 産業用太陽光発電 施工事例

 野立て太陽光発電 73.84KW 滋賀県某所

REC260PE×284枚 田淵製9.9KW三相パワーコンディショナー×5台

スクリュー杭基礎 ZAM鋼材積雪対応架台

産業用太陽光発電 施工事例 産業用太陽光発電 施工事例

産業用太陽光発電 施工事例 産業用太陽光発電 施工事例

 野立て太陽光発電 65.00KW 滋賀県某所

REC260PE×284枚 REC製 単相パワーコンディショナー 5.9KW×6台 4.6KW×3台

スクリュー杭基礎 ZAM鋼材積雪対応架台

 産業用太陽光発電 施工事例 産業用太陽光発電 施工事例

産業用太陽光発電 施工事例 産業用太陽光発電 施工事例

マンション屋上設置 太陽光発電 19.24KW 京都府某所

REC260PE×74枚 田淵製 単相パワーコンディショナー 9.9KW×2台 

縁石置き基礎工法

マンション 産業用太陽光 マンション 産業用太陽光

マンション 産業用太陽光 マンション 産業用太陽光

お気軽にご相談ください

Eテックス 電力自由化イベント
当社は城陽市を中心に地域密着‼
電話一本、LINE一本で飛んでくる、あなたのための一生付き合える「光熱費削減応援隊」です。

太陽光発電・蓄電池・オール電化「売りっぱなし撲滅!」を胸に創業17年施工実績3,000件以上のお客さま満足度NO.1の会社です。

資格を持ったスタッフによる現場調査、施工、アフターも全て自社施工で喜んでいただいています。
延長保証・工事保証。複数メーカーのお取扱いをしています。
LINE、TEL、メールなどお気軽にご相談下さい。