テスラ ウォールコネクター設置工事 京田辺市M様邸

ごらんいただきありがとうございます

累計施工実績5,000件以上、EV/PHV充電コンセント工事は全て自社施工!

京都府城陽市のEテックスの武智です

(※Eテックスは京都府城陽市の会社です。他府県での工事は対応エリア外となります。何卒ご了承の程宜しくお願いいたします。)

京田辺市のM様邸でテスラの「ウォールコネクター」の設置工事をさせていただきました。


テスラ ウォールコネクターのケーブルを巻いた状態

今回、M様が購入されたのはテスラの「モデル3」。

モデル3 テスラ

テスラの充電は、日本の電気自動車と規格が少し異なります。

一番の違いは、充電のコネクタの形状です。


ウォールコネクターのコネクタは独自規格

テスラ

BMW330e 充電コネクタ

日本の規格


テスラを日本で充電するには、今回設置させていただいたテスラ専用の「ウォールコネクター」か、日本の一般的な充電コンセントにテスラ用に変換するアダプターを使用するか、どちらかになります。

それ以外の部分は大きな違いはなく、工事としては日本の電気自動車用のコンセントとほとんど同じです。

テスラの提携の電気工事会社もあるそうですが、M様からは、「信頼できる会社にお願いしたい」とのことで、Eテックスに工事のご依頼をいただきました。

M様、大変光栄なお言葉ありがとうございます。

工事は9時~12時の約半日で完了。

早速、充電テストもしていただき、お家で充電できるようになりました。

テスラ ウォールコネクターで充電

M様、ウォールコネクターの設置工事のご依頼いただき誠にありがとうございました。

工事の詳しい内容は続きをご覧ください。

ウォールコネクター専用のブレーカーを取付

ウォールコネクターには専用のブレーカーと専用の配線が必要になります。

(※一般的な200V電気自動車用コンセントも同様です。)

今回は、こちらの分電盤の横に、専用のブレーカーを増設させていただきます。

ウォールコネクター用ブレーカー取付け前

配線は、分電盤の横にあるユニットバスの天井点検口を利用して、表に出ないように工事していきます。

天井点検口を利用して隠蔽配線

外の床下換気口から配線を床下へ導き、ユニットバスの天井まで配線を持ってきました。

床下からの配線

外はこんな感じです。

保護管に入れてますので、中は黒い電気配線です。

床下から隠蔽配線

分電盤の横に、ブレーカーを収める箱を取付け。

その中に専用ブレーカーを収めています。

締め付け確認

テスラはブレーカー(配線)の容量によって、充電できる電力を変更できます。

M様邸は、おおもとのブレーカーが60Aでしたので、20A~30Aで使用していただく想定ですが、あまり電気を使わない時は40Aに上げれるよう「40A仕様」で配線とブレーカー工事をさせていただきました。

ウォールコネクター専用ブレーカー

ブレーカー工事完了。

配線は全て表に出ないよう隠蔽できました。

ブレーカーも箱の中に入っていますので見た目もスッキリです。

テスラウォールコネクター用ブレーカー工事

ウォールコネクター用の配線工事

先ほどのブレーカーからの配線をウォールコネクターまで導きます。

床下から隠蔽配線

複雑な曲がりがある箇所は、やわらかい配管で保護しています。

今回、外周りの配線が長くなるため、直線はパイプを使用してスッキリ仕上げていきます。

床下から配線

パイプで露出配線

電気自動車コンセントの配線工事

(最終)

テスラ ウォールコネクター設置工事

ウォールコネクター取付工事

ウォールコネクターを取付けていきます。

箱もさすがテスラです。しっかりとした箱で高級感があります。

ウォールコネクターの箱

中にはウォールコネクター本体が入っています。

ウォールコネクターの箱の中身

ウォールコネクターの土台を水平を確認しながら取付け。

ネジは、雨水の侵入がないように防水のコーキングを塗布した上で設置しています。

そして、ブレーカーから導いてきた配線を接続します。

ウォールコネクターの配線工事

アースは電気工事の設置基準の値が出ているか計測テストをしています。

この値がでていないと、充電エラーになったりと正常に動作しない場合があります。

アーステスト測定

配線を接続した土台にウォールコネクター本体を合体。

土台に本体を差し込み

これでウォールコネクターの取付け完了です。

充電設備と思えない洗礼された外観から高級感が漂います。

強化ガラスのような表面の質感も素晴らしいです。

テスラ ウォールコネクターのケーブルを巻いた状態

ウォールコネクターの外観

ウォールコネクターの右側にはコネクタがセットされています。

コネクタを挿し込んだ状態

コネクタは少し上に上げながら引っ張ると抜けるようになっています。

構造的には、ウォールコネクターのくぼみに引っかかっています。

コネクタを差し込むとこ

テスラ専用のコネクタ形状になっています。

ウォールコネクターのコネクタは独自規格

コネクタも細くスリムですので、とてもスタイリッシュです。

ケーブルは5.5mとなっています。

テスラ ウォールコネクター

ウォールコネクターでテスラへの車両充電テスト

初期設定にはスマホとの接続が必要になりますので、こちらはM様にてお願いいたしました。

Wi-Fiで、スマホとウォールコネクターを接続できます。さすがといった感じですね。

初期設定で、充電の電力を設定できます。

最大40A仕様まで上げれる配線工事をしましたが、今回は家のおおもとの電力との兼ね合いで30A仕様に変更していただきました。

30Aの場合、最大出力24Aで充電可能です。

設定により充電容量を変更できる

出力状態によって本体のLEDの光が変わります。

30A の時はLEDバーが2つです。

30A仕様で充電した時のLED

コネクタを車輌へ接続。

充電口は車両の左後ろにあります。

こちらも、とてもコンパクトでスタイリッシュです。

テスラ モデル3 充電エスト

車両側にも充電状態が大型ディスプレイに表示されています。

充電状態が表示

これで充電のテストもOK。

ウォールコネクターの設置工事の完了です。

テスラ ウォールコネクターで充電

ウォールコネクターの設置工事のご依頼いただきありがとうございました。

ウォールコネクターのデザインは、他にはない洗礼されたものでとても高級感に溢れていました。

テスラ ウォールコネクター設置工事

設置は9時~12時の約3時間で完了。

これで、お家でテスラを充電していただけますね。

電気の使用量も多くなるかと思いますので、割安な深夜電力が使える「はぴeタイムR」も今後、ご検討いただければと思います。

M様、この度はテスラ・ウォールコネクターの設置工事のご依頼いただき誠にありがとうございました。

電気自動車用コンセント、ウォールコネクターの設置工事お気軽にEテックスにご相談ください

Eテックスでは、これまでに様々な電気自動車用コンセントの設置工事を行っていますので、工事をご検討の方は、施工事例など是非ご参考ください。

Eテックスでは安心の自社施工、豊富な実績と、電気工事業工業組合の電気自動車施工パートナーとして、適切な工事をご提供しています。

安心できる地元の工事店をお探しの方は、お気軽にEテックスまでご相談ください。

(※Eテックスは京都府城陽市の会社です。他府県での工事は対応エリア外となります。何卒ご了承の程宜しくお願いいたします。)

電気自動車施行パートナー店

お気軽にご相談ください

Eテックス 電力自由化イベント
当社は城陽市を中心に地域密着‼
電話一本、LINE一本で飛んでくる、あなたのための一生付き合える「光熱費削減応援隊」です。

太陽光発電・蓄電池・オール電化「売りっぱなし撲滅!」を胸に創業19年施工実績5,000件以上のお客さま満足度NO.1の会社です。

資格を持ったスタッフによる現場調査、施工、アフターも全て自社施工で喜んでいただいています。
延長保証・工事保証。複数メーカーのお取扱いをしています。
LINE、TEL、メールなどお気軽にご相談下さい。