10基目の自社太陽光発電所

滋賀県高島市で10基目の自社太陽光発電所を建設しています。

  • REC260Wパネルを252枚で65.5KW
  • パワコン出力 RECパワコン 9台で計49.2KWの出力

の低圧の単相3線式になります。

こちらの発電所は平成26年度の売電単価で申し込んでいますので32円(+税)で20年間、電気を買い取ってもらえます。

ちなみに現在の10KW以上の産業用太陽光発電は、27円(+税)ですので、大きく買取単価が下がっています。

詳しくはこちらをご覧ください⇒「なっとく!再生可能エネルギー」

太陽光27年 買取価格

平成27年度 太陽光買取価格

 

一から土地を購入して発電事業を行うのは難しいですが、

もともと持っている土地や、建物に設置することができれば採算が合いますので、まだまだ検討の余地があります。

パネル、パワコン、架台も進化しつつ低価格化も進んでいますので、CO2削減のためにも、さらに普及といいですね。

約65KWの低圧発電所

こちらの土地は約300坪あり、ここに約65KWの太陽光発電所を作っていきます。

65KWといっていますが、パワコンはRECの単相パワコンを9台使用して49.2KWになります。

発電所の出力はパネルかパワコンのどちらか低い方の値となりますので、この発電所は49.2KWの低圧の単相式の太陽光発電所になります。

太陽光発電所の造成工事

造成前の土地の状態はこういう状態でした。

太陽光発電所 造成前 太陽光発電所 造成前

雑草や木材は抜根し、

こちらの小屋も撤去して、平な土地にしました。

太陽光発電所 造成後

太陽光発電所 造成後

 

太陽光発電所の杭打ち

こういった、地面に設置する太陽光発電所は野立て太陽光と呼ばれます。

野立て太陽光は、架台を組んで設置していくことが多いのですが架台の足元部分の土台の工事方法は2つあります。

スクリュー工法と、コンクリート基礎工法です。

今回はスクリュー工法で工事を進めています。

スクリュー工事の良いところは、工期が短くて済む、レベルの調整が容易、低コスト(コンクリートに比べて)、撤去が容易といったところでしょうか。

デメリットは地盤に引き抜き強度が得られない場所や、硬い岩盤やコンクリートがある場合は使用できない、といったことです。

ですので当社では基本的にはスクリュー工法をメインに太陽光発電所の工事を行っております。

測量

まずは、造成が完了した状態で測量を行い、パネルの設置位置、スクリューを打つ位置をレーダーを使って座標を拾い出していきます。

  太陽光発電 測量

 雨が降っていたので非常に作業しづらそうでしたが、拾い出した座標をパソコンに落とし込み、CADのデーターと整合し、スクリューの位置を決めていきます。

スクリュー工事

今回使用するスクリューはこちらの1600mmのものになります。

長さも現場によって長いものが必要になる場合もありますので、状況によって使い分けていきます。

太陽光発電 スクリュー

 

スクリューは他のスクリューとレベルを合わせながら、真っ直ぐ垂直に打ち込む必要があるので慎重な作業が求められます。ネジと同じで、あまり抜いたり挿したりを繰り返すと引き抜き強度が落ちてしまいます。

太陽光発電スクリュー工事

全体的に岩が多かったようで、スクリュー工事は難航しました。

太陽光発電スクリュー工事

岩があった場合は、周りの土を掘り返して岩を避けるか、ある程度の大きさまでならドリルで割って砕きます。

あまりにも大きい岩が地面に埋まっている場合はスクリューが使えないので、コンクリートで基礎を作るなどして、別の方法に切替える必要があります。

最初の工事の進み具合では一日で測量、杭打ちと終わりそうでしたが、岩に当たることが多く、作業が難航したため2日間の作業となりました。

それでもコンクリート基礎に比べると、断然早い工期で終わることができました。

太陽光発電スクリュー工事

 

次の工程は太陽光発電所の監理に必須の防草マット

この次は防草マットをひいて雑草対策を行います。

雑草対策をしていないと、雑草が伸びてパネルに影がかかってしまうことがあります。

太陽光発電 雑草対策

太陽光発電 雑草対策が必要な例

雑草は夏場は特に凄い勢いで成長しますので、草刈りをして追いつくようなレベルではありません。

伸びた雑草に対して草刈りを行う場合も、草刈機によるケーブルやパネルの損傷の危険がありますので非常に危険です。

当社では、そういったことが起こらないように防草マットをひくことで雑草対策を行っています。

雑草が伸びっぱなしで影の影響が出ている発電所も時々見かけますが、早期のメンテナンスが必要です。

施工会社や販売店によって、防草対策やメンテナンス体制は違いますが、

20年間の発電事業を行うには、定期的なメンテナンスや検査はもちろん、太陽光パネルを管理しやすい状況作りが大切です。

もし、太陽光発電所のメンテナンスにお困りの際は、当社までお気軽にご相談下さい。

太陽光発電所の健康診断は定期的に行いましょう!

 

次回は防草マット工事です~!

お問合せフォームはこちらをクリック

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

友だち追加数

対応地域:京都府(城陽市・宇治市・久御山町・京田辺市・精華町・八幡市・京都市など京都府南部)滋賀県

主な事業内容:太陽光発電事業・電力自由化新電力事業(産業用太陽光・コンパクトソーラー発電所・農地転用型太陽光発電所)

住宅用太陽光発電・HEMS・蓄電池・EV/PHEVコンセント・オール電化・省エネリフォーム・電気工事・水道工事・リフォーム工事 マイクロバブルトルネード~我が家のお風呂がエステルームに~

住まいの困り事までどんな小さな事でもお気軽にお問い合わせ下さい。

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□