ヒートポンプから水漏れで配管修理 宇治市T様邸

顔写真

ご覧いただきまして誠にありがとうございます。Eテックスの武智です。

宇治市T様邸でヒートポンプ配管の修理工事をさせていただきました。

 

ご相談いただいたのはこちら

ヒートポンプ配管から水漏れ

 

エコキュートのタンクとヒートポンプをつなぐ配管から水漏れしています。

エコキュートの配管図面

 

こちらのヒートポンプ配管の水漏れは他にもたくさんご相談いただいています。

原因は、ほとんどは「配管の保護ができていない」ことによるものです。

 

使用されている配管はポリブテン管という素材のものです。

この配管自体は、水道工事でも一般的に使われているものです。

曲がりやすく、柔軟性もあるので地震にも強く、加工しやすく、新築などではほとんどこちらの配管です。

ポリブテン管

 

とても優れた配管ですが、注意点もあります。

ポリブテン管は直射日光から保護しないといけない

直射日光が当たりすぎると、配管が劣化して破損します。

ポリブテン管は直射日光で割れたり穴があく

 

こちらは私達が工事させていただいた後の写真ですが、このように遮光テープを適切に施工すれば配管、保温材を保護することができます。

保温材で根元まで仕上げ

 

ですが、今回のように保護がない状態が続くと水漏れを起こしてしまいます。

ヒートポンプ配管から水漏れ

ポリブテン管はヒートポンプ配管に使用してはいけない

また、ヒートポンプの配管は95℃近くの高温になることから基本的には使用不可です。

ポリブテン管はヒートポンプに使用してはいけない

 

エコキュートの工事に詳しくない水道工事屋さんがヒートポンプ配管にポリブテン管を使用して水漏れを起こしているケースがたくさんあります。

 

水漏れも、すぐに発生するわけではなく7~8年ぐらいで劣化が進行して水漏れしているケースが多いです。

ヒートポンプの配管修理は自分で工事店を探さないといけないパターンが多いようです・・・

7~8年も経過しているので、工務店さんや設置業者が手直しをしてくれるケースは少ないようで、私達に修理のご相談をいただくことが多いです。

 

T様も今回、お家を買われた不動産屋に連絡されたそうですが・・・

そこから、メーカーへ取次ぎ➡メーカーは施工の部分なので対応不可➡自分で直すことに・・・

となったそうです。

 

色々お調べいただいて当社の施工事例を見つけていただき、「そうそう。この状態。」となったそうです。

ご主人様とも相談いただき「施工事例も細かく書いてあって、信頼できそう」ということで今回ご依頼いただきました。

(そういった目線で見ていただき大変嬉しく思います。)

 

問い合わせをいただき、即日にご訪問。

すぐに配管の取替え工事をさせていただきました。

ヒートポンプの配管の不具合事例

ご覧いただきまして誠にありがとうございます。Eテックスの武智です。宇治市K様邸にてヒートポンプ配管の取替工事をさせていただきました。 ピンクのポリブテン管...
ご覧いただきまして誠にありがとうございます。Eテックスの武智です。 本日は京都市伏見区でヒートポンプ配管の取替え工事をさせていただきました他社様で施工されたエ...
先日、伏見区のF様より「ヒートポンプの配管から水漏れしているので見ていただけますか?」と緊急のご連絡をいただいたので、さっそく伺わせていただきました!ご主人...

ヒートポンプ配管の水漏れ修理

こちらの配管は先ほどのポリブテン管です。

保護テープが巻かれていません。

保護テープのない配管

 

ピンクと水色の保温材そのままで、劣化して配管が露出してしまっています。

日当たりも良い場所で、配管的には非常によくない状況です。

ピンクと青の配管から水漏れ

 

こちらのピンクの配管のグレーのテープを巻いている部分から水漏れしています。

ご主人が応急処置でパテとテープで巻いて、「ポタポタ」ぐらいの状態です。

水漏れ時の応急処置

 

パテを取り外すと、「ピュー」と水が噴き出します。

この状態だと周りにも水が飛び散り大変な状況です。

ヒートポンプ配管から水漏れ

 

さっそく、エコキュートをいったん止めて配管を取り外します。

穴の開いた配管を撤去

 

新しい配管は銅管にて用意させていただきました。

銅管はメーカーも推奨。

配管の上から保温材と遮光テープでしっかりと保護した状態で接続します。

青とピンクの配管のデメリット

 

銅管は加工にロウ付けなどの技術や道具が必要になりますが。長期間の使用に信頼のおける配管です。

Eテックスではヒートポンプ配管には銅管を主に使用しています。

銅管を加工

 

ヒートポンプに接続。

銅管でヒートポンプ配管

 

水漏れがないことを確認して、保温材をさらに根元まで巻きます。

保温材で根元まで仕上げ

 

カバーに隠れる根元から、本体まで全て保護して配管が長期間の使用に耐えられるよう施工しています。

銅管で修理

 

本体側も根元までしっかりと保温材で保護しています。

水漏れがないことを確認

保温材と保護テープ

 

配管の交換後はヒートポンプが正常に動かくか運転確認。

 

まずはゴミづまりがないかストレーナーを念のため確認。

少し、ゴミがありましたので清掃させていただきました。

ストレーナーの点検

 

リモコンで湧き上げ確認。

ヒートポンプも正常に動き、お湯を作れていましたので配管修理完了です。

沸き上げ確認

 

今回、修理工事をさせていただいた機種はパナソニックの2011年の製品「HE-K46DQS」。

HE-K46DQS

 

配管修理は約2時間で完了。

「こんなすぐに来てもらえると思ってなかったので助かりました。また困った際はよろしくお願いします。」

と、早急な対応に大変喜んでいただけました。

 

T様、ヒートポンプ配管の修理工事のご依頼いただき誠にありがとうございました。

ヒートポンプの配管修理は知識・経験豊富な専門店にお任せください

今回のような配管の保護ができてなくて水漏れを起こしているケースがたくさんあります。

実際は施工不良の範囲ですが、なかなか対応してくれないのが実際のようです。

 

施工不良の場合には適切な対応をしてくれる地元業者、

工事のちゃんとした知識をもった施工業者選びも重要です。

 

それを見極めるのはなかなか難しいのですが・・・私達は少しでもお役に立てるよう施工事例などはなるべく細かくお伝えして、お客様に工事のイメージ、私達がどんな工事をするか知っていただければと思います。

 

ネットの激安店や量販店なども、パッと見はキレイな広告や商品ページでも実際にどんな工事をするかわからないです。

 

そこが一番重要であり、心配なところ。

 

こちらのホームページでも安心できる施工をお伝えできていましたら幸いです。

エコキュートの困り事、ヒートポンプの配管の水漏れ修理などお困りの際はお気軽にご相談ください。

(※本体の故障に起因する場合はメーカー対応となる場合もございます。)

お気軽にご相談ください

当社は城陽市を中心に地域密着‼
電話一本、LINE一本で飛んでくる、あなたのための一生付き合える「光熱費削減応援隊」です。

太陽光発電・蓄電池・オール電化「売りっぱなし撲滅!」を胸に創業17年施工実績3,000件以上のお客さま満足度NO.1の会社です。

資格を持ったスタッフによる現場調査、施工、アフターも全て自社施工で喜んでいただいています。
延長保証・工事保証。複数メーカーのお取扱いをしています。
LINE、TEL、メールなどお気軽にご相談下さい。