野立て太陽光にはフェンス・防犯対策が必要です。

ごらんいただき誠にありがとうございます。

先週の新聞にこんな記事がありました。

 

送電用ケーブル7トン盗難 滋賀・日野の整備工事現場

 27日午後1時ごろ、滋賀県日野町内の大規模太陽光発電所(メガソーラー)の整備工事現場で、送電用のケーブル計約7トン(約350万円相当)が盗まれているのを、作業員が見つけた。東近江署が窃盗事件として調べている。

 同署によると、盗まれたのは送電用の銅線などが入った電源ケーブル。太陽光パネルに接続されていた長さ数メートルから数十メートルのケーブルが大量に切断されており、計約3500メートルになるという。24日夕までは異常はなかったという。

 

9月28日 京都新聞より

 

といった形で窃盗事件が起こっております。メガソーラーの送電用のケーブル3500mとなると相当太い配線になりますので、被害金額も数百万、数千万にもなるでしょう。

おそらく他にも記事になっていないだけで盗難が発生したところもあるでしょう。

大規模なものはセキリティーやフェンスはもちろんされておりますが、小規模や個人で太陽光をされているところは、販売会社や設置される方の意向でフェンスやセキリティーの設置状況は様々です。

P1010253 P1080115

フェンスも忍び返しのあるものから、獣害用のものまで色々とございます。

こちらも防草対策と同様、コストの面と必要な性能を両立したものが必要です。

太陽光用の保険もフェンスがないとおりない場合もございますので、後からフェンスの事をお考えの方や、保険も個人で入るかたも注意が必要です。

 

Eテックスでは保険も標準でプランの中に含まれておりますし、フェンスも選べるように各種取り扱っております。

太陽光を始められる方、すでに始められていてフェンス未設置の方は、フェンス・保険等の必要性をお考えいただければと思います。

最後までお読みいただき誠にありがとうございます。

 

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

京都府(城陽市・宇治市)滋賀県

太陽光発電事業・電力自由化新電力事業

(産業用太陽光・投資用太陽光・コンパクトソーラー発電所・農地転用型太陽光発電所)

 住宅用太陽光発電・HEMS・蓄電池・EV/PHEVコンセント・オール電化・省エネリフォーム

住まいの困り事までどんな小さな事でもお気軽にお問い合わせ下さい。

株式会社 Eテックス  フリーダイヤル:0120-009-820  e-mail: etex@maia.eonet.ne.jp

フェイスブックページ https://www.facebook.com/etex2002 

「いいね」「コメント」していただけると励みになります(^_^.)

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

 

 

 

 

お気軽にご相談ください

当社は城陽市を中心に地域密着‼
電話一本、LINE一本で飛んでくる、あなたのための一生付き合える「光熱費削減応援隊」です。

太陽光発電・蓄電池・オール電化「売りっぱなし撲滅!」を胸に創業17年施工実績3,000件以上のお客さま満足度NO.1の会社です。

資格を持ったスタッフによる現場調査、施工、アフターも全て自社施工で喜んでいただいています。
延長保証・工事保証。複数メーカーのお取扱いをしています。
LINE、TEL、メールなどお気軽にご相談下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です