給湯専用エコキュートから追い炊きフルオートタイプに取替 城陽市長池K様

ごらんいただきありがとうございます

地元密着、施工実績5,000件以上!京都府城陽市のEテックスの武智です

城陽市のK様邸で給湯専用エコキュートから追い炊きもできるフルオートエコキュートに取替工事をさせていただきました。

Eテックスは施工品質など厳しい審査基準を認められた関西電力グループ認定の「eショップ」「はぴeスマイル店」です。


かんでんeショップ
はぴeスマイル店

これまでにも多数のエコキュート工事をさせていただいてますので、他の事例も合わせて是非ご参考ください。


ダイキンエコキュートから水漏れ

工事前

ダイキン TU37JV

エコキュートを移設して設置

工事後

パナソニック HE-NS37KQS


キッカケはヒートポンプ内部からの水漏れで修理代が高額だったため

お取替えのキッカケですが、ヒートポンプ内部から水漏れしたためです。

(ヒートポンプ内部から水漏れし、本体の下部から水がポタポタで出ています。)

ヒートポンプから水漏れ

ヒートポンプ内部の修理はメーカー対応ですが、修理費用、または取替費用はとても高額になります。

取替の場合40万前後する概算見積もりだったそうで、今回、まるごとお取替えすることになりました。

故障の原因は、経年劣化もありますが、推奨されていないゴムの配管を使用されていたので、溶けてしまい本体に悪影響を与えた恐れもあります。

不具合の起こる配管

時々、見かける施工不良ですが、水漏れだけでなく本体の故障の原因にもなるので、粗悪な工事は危険です。

(Eテックスでは専用の配管で適切な施工を行っていますので、詳しくは下記をご参考ください)

給湯専用から、追い炊きできるフルオートに

もともとお使いのエコキュートは給湯専用というタイプです。

これはお風呂のお湯をどうやって貯めるかによって、呼び方が変わってきます。

「給湯専用」は、蛇口からお湯を出して貯める方法です。

シンプルな方法ですが、

  • 自分でお湯を止めないといけない
  • 追い炊きできないので、熱くするにはお湯を足すので湯量が増える

といったデメリットもあります。

給湯専用

今回は、自動でお湯はり、そして追い炊きもできる「フルオートタイプ」にグレードアップしていただきました。

これでボタンひとつでお湯はできるので楽チン。

追い炊きもできるので、水道代の節約にもなります。

フルオート

工事としては、

  • 追い炊き用の配管の新設
  • 浴槽穴あけと、追い炊きアダプターの取付け
  • 浴室リモコンの取付け、リモコンの新規配線

などが追加で必要になります。

危険な階段から、設置場所も移設

もともとのエコキュートは階段の上に、ブロックで段差を調整して、危険な状態で設置されていました。

ダイキンエコキュートから水漏れ

後ろ側はブロックを置いて固めてあるだけでした。

大きな揺れがあると転倒の可能性もあるとても危険な状態です。

ブロックをかまして固定 不適切な基礎

今回は、家の裏側の設置スペースが広くなったため、安全な場所へ移設して設置させていただきました。

エコキュートを移設して設置

このような工事の内容でしたが、

9時~13時頃で工事完了。

エコキュートの水漏れも直って安心して使っていただける状態になりました。

K様からも「大変、親切で丁寧な仕事で感謝しています」と嬉しいお言葉もいただきました。

K様、エコキュート工事のご依頼いただき誠にありがとうございます。

工事の詳しい内容は続きをご覧ください

エコキュートの撤去工事

まずは既存のエコキュートを撤去させていただきます。

ダイキンエコキュートから水漏れ

既存のエコキュートはダイキンの給湯専用「TU37JV」

2008年製ですので、ご使用期間は13年になります。

TU37JV 給湯専用

慎重に運んで、撤去させていただきました。

エコキュート撤去・処分

エコキュートの設置工事

新しいエコキュートを運びます。

傷や凹みがないよう梱包のまま近くまで運搬。

エコキュートを搬入

水平を確認して微調整を行います。

水平調整

スペーサーで微調整した上で、ステンレスのアンカーボルトで土間のコンクリートに固定します。

スペーサーで水平調整

配管は既存の場所から延長。

断熱材と保護テープで、放熱ロスと紫外線から配管を守っています。

エコキュート撤去
エコキュートを移設して設置

ヒートポンプの設置

となりにはヒートポンプを設置。

こちらは樹脂の架台に乗せた上で水平を調整して設置しています。

ヒートポンプの水平

追い炊きアダプターと浴室リモコンを新設

今回、「給湯専用」から「フルオート」になるので、「追い炊きアダプター」と「浴室リモコン」を新設します。

浴室リモコンと追い炊きできるように

まずは浴室リモコンの配線用にドリルで開口。

切粉が飛び散らないよう養生をして作業を行っています。

リモコンの穴あけ工事

床下から配線をユニットバスまで持ってきて、取付けます。

取付け後は、防水のため周囲にコーキングをして浴室リモコンの新設工事完了です。

(コーキングは防カビ剤入りのものを使用し、お手入れが軽減できるようにしています。)

浴室リモコンを新設

浴槽も同様に、追い炊きアダプター用の穴あけ。

こちらも位置を慎重に決め、周囲に傷がないよう注意しながら開口します。

追い炊き配管を新設

ここに追い炊き配管を接続したアダプターを取付けます。

配管が2本あることで、温め直しができるようになっています。

追い炊きアダプターを取付
点検口あら作業

配管は床下を通して、エコキュートまで導いています。

(K様邸は階段状の特殊な作りで基礎が高いので、床下が収納スペースのようになっています。)

追い炊き配管を新設 (1)
追い炊き配管を新設 (2)

台所リモコンの工事

台所リモコンは既存の配線があるので、そのまま同じ位置で新しいものに取替させていただきました。

ダイキン 台所リモコン

台所リモコン

エコキュート工事完了

配管工事も完了したので、正常に動くか試運転を行います。

お湯はりもOK。

水漏れがないかも合わせて確認します。

浴室リモコンと追い炊きアダプターを新設

ゴミ詰まりがないか、ストレーナーというフィルターを確認します。

ストレーナーの点検

もし、ゴミ詰まりがあるとお湯の勢いにも影響を及ぼすので必ず確認しています。

本体の正面も水漏れがないか確認して、断熱材と保護テープを巻きます。

カバーに隠れる部分ですが、見えないところもキッチリと仕上げています。

配管は断熱材で保護

リモコンの操作方法や、本体の動作・取扱い方法もご説明させていただき工事完了です。

作業時間は9時~13時半ごろでした。

パナソニック エコキュート移設

K様、これで追い炊きもできるようになり快適にお風呂にも入っていただけますね。

今後も「10年W保証」と地元店ならではのスピードアフターで安心して使っていただけるよう見守ってまいります。

K様、エコキュート工事のご依頼いただき誠にありがとうございました。

お気軽にご相談ください

Eテックス 電力自由化イベント
当社は城陽市を中心に地域密着‼
電話一本、LINE一本で飛んでくる、あなたのための一生付き合える「光熱費削減応援隊」です。

太陽光発電・蓄電池・オール電化「売りっぱなし撲滅!」を胸に創業19年施工実績5,000件以上のお客さま満足度NO.1の会社です。

資格を持ったスタッフによる現場調査、施工、アフターも全て自社施工で喜んでいただいています。
延長保証・工事保証。複数メーカーのお取扱いをしています。
LINE、TEL、メールなどお気軽にご相談下さい。