エコキュートを選ぶ際のポイントとして、給湯圧(水圧)があります。

シャワーの勢いや快適性にも影響します。

最初に結論からお伝えすると

オススメの給湯圧タイプ

今使ってる温水器(エコキュート)の

  • シャワーの勢いに不満がない方は、「高圧タイプ(標準)」
  • シャワーの勢いに不満がある、もっと勢いが欲しい方は「パワフル高圧タイプ」

が、オススメです。

エコキュートは主に、

  • 高圧(標準タイプ)
  • パワフル高圧

の2種類があります。それぞれの違いを確認して、わが家にあったものを選びましょう。

圧力の違いって何?

エコキュートや電気温水器は一度、タンクにお湯を貯めてから沸かす「貯湯式」と呼ばれるものです。

一度、タンクに貯める構造上、水道の圧力そのままではなく、減圧弁と呼ばれるもので水圧を調整します。

この減圧弁の設計によって「標準圧」「高圧」「パワフル高圧」と、圧力が変わってきます。

製品本体に記載されてラベルでも確認できます。

おおまかに下記の数値をご参考下さい。

  • 標準:80~100kPa
  • 高圧:170~190kPa
  • パワフル高圧:280~320kPa

その他に、日立のエコキュートには水道直圧というパワフル高圧を超えるものもあります。

ガス給湯器なども「貯湯式」ではないので、水道直圧になります。

一般的には「高圧タイプ」でも充分な強さで、もっと勢いが欲しい場合は、「パワフル高圧」を選んでいただきます。

今まで、どんなものを使っていたかによって感じ方も違うので、それぞれの違いを確認した上でご検討下さい。

標準圧

主に、電気温水器の丸形のものや初期のものは「標準圧」です。

後述するガス給湯器の水道直圧と比べると勢いが弱いので、「電気温水器=お湯が弱い」といったイメージをもつ方が多いのは、初期型の電気温水器の印象が強いからです。

高圧

ほとんどの電気温水器、エコキュートは「高圧タイプ」に分類されます。

エコキュートは高圧タイプが標準となっています。

電気温水器の多くも高圧タイプです。

高圧タイプかどうか確認する方法は、本体に貼ってある型式のラベルです。

この、「最高使用圧力」の部分。

ここが170~190kPaだと高圧タイプに分類されます。

何と比べて「高圧」かというと、昔の電気温水器に多い「標準圧」と比べてです。

電気温水器や、エコキュートから買い替えの方は、今までシャワーの勢いに特にご不満がない場合は、同じ高圧タイプがオススメです。

(ちなみにエコキュートは高圧タイプが標準ですので、パンフレット等に高圧とは特に明記されていない場合がほとんどです。)

シャワーの勢いにずっと物足りなさを感じていた場合は、パワフル高圧タイプがオススメです。

パワフル高圧

ガス給湯器に負けないシャワーの快適性を実現するのが、「パワフル高圧」タイプです。

(メーカーによって言い方は変わります。例:三菱(ハイパワー給湯))

最高使用圧力が280kPa~320kPaあり、高圧タイプの1.5倍近いパワーがあります。

今まで「高圧(標準)」を使っていて、シャワーの勢いにご不満がある場合は「パワフル高圧」がオススメです。

ガス給湯器からエコキュートに買い替えの方も「パワフル高圧」がオススメです。

約10年ぐらい前のエコキュートから「パワフル高圧」が登場しました。

「パワフル高圧」から「高圧(標準)」にするとシャワーの勢いに物足りなさを感じる可能性が高いです。

買い替えの際には、今お使いの機種をしっかり確認しましょう。

水道直圧・ガス給湯器など

「高圧」「パワフル高圧」でも充分な勢いですが、さらに勢いが強いのは、日立の「水道直圧タイプ」というのもあります。

ガス給湯器なども水道を直接温めてお湯を出すので「水道直圧」になります。

ガス給湯器の水道直圧に慣れている場合は、エコキュートのお湯の勢いに物足りなさを感じる方もおられます。

ですので、ガス給湯器からエコキュートにされる場合は「パワフル高圧タイプ」がオススメです。

値段の差は?

高圧タイプが標準で、パワフル高圧タイプは上級グレードになります。

定価でも数万円高く、一般的な市場価格では3~6万円ほど高くなっています。

値段は上りますが、シャワーの勢いがもっと欲しい方は、10年以上使うものですので、パワフル高圧タイプがオススメです。

(仮に3万円高い場合も10年で割ると年間3千円の違いです。)

パワフル高圧の場合は特殊な工事は必要

今まで「標準圧」「高圧」を使ってたけど、「パワフル高圧」にするのに特殊な工事が必要か気になるところです。

これは特殊な工事はないんでご安心下さい。

本体の部品の違いだけですので、工事としては高圧もパワフル高圧も全く同じです。工事代に違いはありません。

選ぶ際の注意点・・・シャワーの勢いは蛇口や配管にも影響されます

同じ高圧タイプを設置していても、実際にお湯を出した際の勢いは家によって違います。

  • 家に入ってるもともとの水道管の太さ・強さ
  • お湯の配管の太さ・経路
  • 蛇口の構造

例えば、もともとの水道の勢いが弱く、お湯の配管も細い場合は、いくらパワフル高圧タイプを選んでも、充分な勢いでお湯が出ない場合もあります。

また、蛇口の構造、特にシャワーヘッドの種類よって、浴び心地は変わってきます。

お湯の勢いが特別強くなくても、目の細いシャワーヘッドなら強く感じられますし、水流タップリの浴び心地の良さそうで、勢いが弱い場合は、より弱く感じることもあります。

まとめ

今の給湯器のお湯の勢いと満足度を確認して、選ぶのが一番です。

「高圧タイプがオススメな方」(エコキュートは全て高圧タイプです。)

高圧、標準圧を使用していて、今まで不満を感じていない方

「パワフル高圧がオススメな方」

  • もっとシャワーに勢いが欲しい
  • 今までパワフル高圧を使ってた
  • ガス給湯器からの買い替えの方

選び方に迷った、よくわからない場合も、御見積時にご説明いたしますので、ご安心下さい。

お気軽にご相談ください

Eテックス 電力自由化イベント
当社は城陽市を中心に地域密着‼

太陽光発電・蓄電池・オール電化「売りっぱなし撲滅!」を胸に創業19年施工実績5,000件以上のお客さま満足度NO.1の会社です。

資格を持ったスタッフによる現場調査、施工、アフターも全て自社施工で喜んでいただいています。
延長保証・工事保証。複数メーカーのお取扱いをしています。
LINE、メール、TELなどお気軽にご相談下さい。